2006年9月25日月曜日

Formula RENAULT 練習走行記 その5

2回目のセッションを終えた後、西谷選手に連れられてもう一度コースの下見。
4コーナーから5コーナーにかけてのライン取りでダメだしされて、実際にそばまで行って説明してもらった。

「あー、なるほど。」と納得。
4コーナーを抜けた後の5コーナーはほぼ直線と考えて抜けないといけないのに、意識しすぎてステアリングを切ってた。
しかも、直線で走っていれば路面は乾いてるのに、わざわざ濡れた路面を走ってた。これは、危ない。


一通り説明してもらってピットに戻ったら、マシンには晴れ用のスリックタイヤが装着されていた。
路面はまだ濡れてるけど、もうスリックでも大丈夫らしい。

再びコックピットに座って、最後のセッション開始。
「アクセルの踏み込みをソフトに」と何度も注意されて、ピットアウト。

1周目。
タイヤが温まってないから、スローペース走行。
4コーナーから5コーナーにかけてのラインを、教わったとおりに抜けて「こういうことねー」と納得しながらクリア。
次の周回の時には西谷選手が見てるだろうから、きれいなラインで走れるようにやってみよう。

と、思った矢先にまたしてもアクシデント発生・・・。
ヘアピンを立ち上がって、アクセルを踏んだ瞬間にリアタイヤが滑ってくるっと1回転。その勢いで、バックするような状態で芝生の上にストップ。。。


「・・もしかしたらコースに復帰できるかも。」
ダメもとでエンジンスタートして、アクセルを踏んでみる。

サイドミラーの中に見えたのは、むなしく空回りするリアタイヤ・・。
芝生がぬれて水溜りになってるから、脱出は無理っぽい。
これ以上タイヤを空回りさせたら、小石とかを噛んでエンジンが壊れるかもしれないから。そこでストップ。

ギアをニュートラルにして、マシンから降りて、ステアリングをマシンに付けて、コースの外の安全な場所に退避。
メカニック来るまでの間、ぽつんと取り残されてすごく虚しかった。
1周も走れなかったのがすごく悔しいし、初めてのフォーミュラで難しいコンディションだったとはいえ、落ち着いてアドバイス通りのアクセル操作をしていればスピンしなかったはず。

2回もコースアウトして、マシンを小石だらけにしてしまってメカニックにも申し訳ない。

2回目のセッションで何周も走れたから油断してたのかな。


チームの事務所に戻ったとき、チームの社長から「今日のコンディションは難しかったでしょう。晴れたときにまた来ると良いよ」みたいなことを言ってもらえたので、資金を貯めて絶対に再挑戦する!
晴れた日にもっと回転数上げて、PUSH! PUSH!で走ってみせる!

でも資金の都合上、できれば国内が良いな・・。Formula RENAULTのマシンは国内に数台あるから、1日借りてもてぎとか富士で走ってみたい。


あと、もうちょっとコミュニケーション取れるようになる。
中国語、英語、日本語が飛び交うところで、中国語は全く分からないにしても、英語なら言ってることは分かっても返事できない。
適当な英語は思いつくけど、きれいに話そうとして詰まってしまう。
お互いネイティブじゃないから、適当な英語でも通じるんだけどね。中国人の英語を聞いててそう思った。




帰国後に、「何km/hで走ったの?」「何km/h出せるの」って聞かれたけど、何km/hで走ったのかは分かりません。
だって、コックピットの液晶パネルにはエンジンの回転数とシフトポジションしか表示させなかったし、どれくらいのスピードがでてるかを気にしてもしょうがないし。

聞いた話だと、ストレートで260km/hくらいは出るみたいです。


初体験ばっかりでどたばたしたけど、充実した夏休みでした。

2006年9月21日木曜日

Formula RENAULT 練習走行記 その4

メカニックがガレージでマシンのチェックをしてる間に、サーキット内のレストランでランチ。
見る見るうちに天気が悪くなって、ついに雨が降り出してきた。

げげぇ。これじゃ走れないよ。
食事をしながらなんども外をみたけど、相変わらず振り続ける雨・・。
レインタイヤでの走行を覚悟して、ピットへ。

グラベルに突っ込んで砂まみれになったマシンは、どこも壊れることなく無事ピットに帰ってきてました。
さっきと違うのはレインタイヤを履いていること。


初フォーミュラ、初サーキットで、レインタイヤって、どうなの。
そういえば、初めてカートに乗った日も大雨だったっけ。

もしかしたら、西谷選手に負けず劣らず雨男なのかもしれない。



スリックタイヤで走っても汚れた路面でコントロールを失ったのに、ウェットコンディションで走ったらどうなることやら。
写真の表情、がちがちに緊張してます。





いよいよ2ndセッション開始。
西谷選手から
「1周目は、ずっと3速で走ってコースの様子をみて。」
「慣れてきて"大丈夫だな"って思ったらペースをあげて見て」
「アクセルとブレーキは、とにかくソフトに」

アドバイスを胸に、コックピットに座って、シートベルトを締めてもらって、ピットロードへ。

雨で気温が下がっているせいなのか、エンジンを始動したあとに「そのまま待て!」の合図。
「3,000回転を保って、水温が75℃にしろ」と。

アクセルを軽く踏んで3,000回転を維持しつつ、正面の液晶パネルに表示される水温が上がるのを待つ。
1分もたたないうちに水温が上がって、「Go!」の合図。

クラッチを離して、加速!・・・せずにエンスト。
あれぇ、おかしいなぁと首をかしげながら、もう一度。
爆音を響かせて・・・エンスト。

ちょっとやけになりながら、回転数を合わせてアクセルON!
ようやく加速。


ピットロードを出てコースに入るところまでに3速にシフトアップして、あとはそのままのシフトポジションで慎重に慎重に。


なんとなく大丈夫な気がしてきて、最終コーナーを立ち上がったところで4速、5速とシフトアップ。
(さすがに6速には入れられなかった。)

2周目。
こんどは、晴れのときよりも1速落としたギアの走行に挑戦。
5速のところは4速で走って、4速のところは3速で。
でも、2速のところ1速まで落とすようなことはしなかったけどね。

半分くらいはしったとろこで、ふと気づいた。
「あ、サインボード見てない」

ホームストレートのところでピットクルーがラップタイムや周回数をボードに示してくれるだけど、それがあることをすっかり忘れて見逃してしまった。

なので、2周目の最終コーナーを立ち上がったところから「サインボード、サインボード」と見逃さないように注意しつつ、こんどは6速にシフトアップ。

「こんなスピードで走っててサインボードの字が読めるのか?」って疑問だったけど、サインボードのそばを通過したときにはっきり見えた。読めた!

そこに書かれていたのは、

98
5000


って、それだけ?
つまり、「カーナンバー98、5,000回転以上回すな」


いや、分かってるから。何回も聞いたから。
もっと気の利いたことをボードに載せてよ。

そんなことを思いながらの3周目。
ついに雨が降ってきた。

水滴で視界が悪い中を、慎重にドライブ。
「あ、このままだとコースアウトするかも」って思いながらステアリングを切ったところが何ヶ所かあったけど、慎重にアクセルを踏んだせいか、何事もなくクリア。



ホームストレートを駆け抜けるたびに横目でサインボードを見たけど、そこに書かれている文字はやっぱり


98
5000


・・・分かったってば。


マシンにだいぶ慣れてきて、もうちょっとペースをあげてみようかなと思った矢先、1コーナーでスピン!
イン側から入ってアウト側に抜けるようなライン取りをしてたんだけど、右フロントタイヤが縁石に触ってしまってくるっと1回転。
今度はコースアウトせずにコース上にとどまれた。

でも、そこはコースのど真ん中。
「はやく動かないと、コースをふさいだままになってしまう。」

エンジンを再始動して、クラッチを切って、回転数を合わせて・・・エンスト。
何度やっても焦ってしまってうまくいかない。

ふとコースの外をみるとメカニックが走ってきてる。
「やばい、このままだとコースの外に引っ張られてセッションが終わってしまう。」

でも、やっぱりうまくスタートできない。
そのうちにセルスイッチを押してもエンジンが回らなくなってしまった。


メインスイッチを切って再起動を2回繰り返してみたけど、やっぱりだめ。
あきらめかけたとき、イグニッションスイッチがOFFになっているのを発見。

何度もエンストしたから自動的にOFFになったらしい。
イグニッションスイッチをONにしてもう一度エンジン始動。

今度は落ち着いてクラッチをつないでようやくスタート成功。
こんなに苦戦するのは、もうう何年もマニュアル車を運転してないせいかもしれない・・。


"スピンしたあと自力で走れるなら必ずピットに戻るように"って言われていたので、そのままピットイン。

スピンしたことを伝えるとメカニックがマシンをチェックし始めた。
とくに問題はなかったらしくすぐにGo!のサインがでたので、ふたたびコースイン。



その後は、順調に周回を重ねて2ndセッション終了。
ピットインして、エンジンをとめてコックピットから降りたときはすごく気持ちよかった!


コース脇から見ていた西谷選手が
「遅いよ。回転数どれくらいまであげた?」
「ホームストレートで6速に入れた? どのあたり?」


だいたい4,500回転くらいで走ってたことと、これだと物足りないこと、もっと回転数をあげて走りたいことをチームマネージャのKangに伝えてもらって、いろいろと交渉してもらった。

結果、「5,500回転まで上げても良い」ということで話がまとまった。


次は、最後のセッション。
おもいっきり行くぞ。


Formula RENAULT 練習走行記 その5に続く

2006年9月19日火曜日

Formula RENAULT 練習走行記 その3

2006年9月14日
晴れた!


まだ少し曇ってるけど、雨はやんでる。これなら走れそうだ。
ホテルで朝食を取りながら、コースのライン取りやシフトポジションの最終チェック。
ブレーキやアクセス操作、ステアリング操作のアドバイスをもらって、いざサーキットへ。

午前10時過ぎに珠海インターナショナルサーキットに到着。
レーシングスーツに着替えた後、西谷選手とバイクに乗ってコースの下見に出発。
雨の後だから路面はまだ汚れてるし、細い川になってコースを横切るように水が流れてるところもある。



「ここはアウト側までいっぱいにコースを使って」
「ここは川になってて危険だから、早めにブレーキを踏んで」
「この縁石は乗っちゃだめ」
「この看板の位置でブレーキね」


アドバイスを頭に叩き込んでピットへ戻ると、マシンが用意されていた。
僕のほかに2人の日本人ドライバーが練習走行に来ていて、彼らが先に1回目を走行、その後のセッションで3人で走行というスケジュールが組まれていた。

コース全体を見渡せるタワーに上って、彼らの走る様子を見ながら西谷選手から再度アドバイスをもらった。
エンジン音を聞きながら、ブレーキのタイミング、シフトダウンのタイミング、ステアリングの切り方、戻し方...


「あれはダメ。縁石使ってない」
「もっとアウト側のラインを使わないと」



彼らへのダメ出しを聞きながら、なるほどと思いながらわくわくしつつ、不安も感じながらピットに戻った。

さぁ、いよいよ僕の番。
コックピットに座って、シートベルトを締めて、ステアリングを握って最後の確認。

チームマネージャのKangから、「初めての走行だからエンジンは5,000回転以上回さないように。それと、7,200回転以上回すと壊れるから、注意すること!」と何度も念を押され、さらに「7,200回転以上回すとエンジンが壊れる」「壊れたら修理代を負担する」みたいなことが書かれた誓約書と、サーキット側から「事故が起きてもサーキット側に責任を求めない」みたいなことが書かれた誓約書にサインをさせられた。
なにも、ヘルメットかぶっていまからピットロードに出ようというときにそんな書類を渡してこなくても・・。




スタッフにピットロードまで押してもらって、いよいよエンジンスタート。

メインスイッチをON。
コックピットの液晶パネルを"エンジン回転数"と"シフトポジション"のみの表示にしてもらう。
イグニッションスイッチがONになってることを確認。
ギアをニュートラルから1速へ。
クラッチを踏んで、セルスイッチをON!

爆音が響いて、いよいよスタートの時。
エンジンの回転数を2,000回転に保ちながらクラッチを徐々に戻して、タイヤが動き出したところでアクセルON!で、一気に加速・・・・せずにエンスト。

すぐに西谷選手が駆け寄ってきてもういちど説明してくれたんだけど、言われたことは頭では分かってる。
でも、体がそのとおりに動かないのがもどかしい。


クラッチを戻すときに一瞬アクセルも戻してしまってて、そのせいで回転数が落ちてエンストしてるんだけど、わかっててもアクセルを一瞬戻してしまう・・。
そんなことを2,3回繰り返したあと、気持ちを落ち着かせて再チャレンジ。


アクセルを戻そうとする右足をぐっと我慢して、逆に踏み込む。
回転数が一気に上がる。「あ、まずい!」と思ってアクセルを緩めたときにはもうマシンは動きだしていた。
一瞬エンストしかけたけど、走り出した惰性でエンジンは止まらない。
「よし、行ける!」
そのままアクセルを踏み込んで、一気に加速。
2速、3速とシフトアップしてコースイン。

「ついに、コースインだ!」
「自分で走ってる!」

一瞬いろんな思いが駆け巡ったけど、感動してる場合じゃない。
すぐに4速に上げて、1コーナーへ。
教わったとおりにブレーキを踏んで、3速にシフトダウン。


まずは、慎重に1周。
最終コーナーを立ち上がって、ぐんぐん加速!
5速から6速にシフトアップ。(一瞬、6,200回転まで上がったけど、気のせいということで・・)

メインストレートを駆け抜けて、2周目へ。


こんどは、1周目よりも若干ペースアップして走行。
すると、一緒に走ってるドライバーが後ろに迫ってきた。

僕のほうがペースが遅いから走行ラインを譲ってちょっとアウト側へよけてたあと、コーナリングに備えて減速してステアリングを右に切った・・・・はずがコントロールを失ってそのままグラベル(コース外の砂利が敷き詰めてあるところ)へ一直線。
砂利を撒き散らして、その砂利を頭からかぶってようやくストップ。


前日の雨のせいで路面が汚れててしかもタイヤが温まってないから、グリップを失ってスピンしてしまったみたい。


こういうとき、
・すぐにギアをニュートラルにしてマシンから降りる
・ステアリングをマシンに付けたままにする
・安全なところに逃げる
って教わったし、モータースポーツの中継をみてるから知識としても知ってたのに、気が動転してそのままコックピットにとどまってしまった。



マシンはエンジンやパーツに異常が無いかをチェックするためにガレージにもって行かれたので、これで最初のセッションは終了。
30分与えられたセッションを、わずか1周半で終えてしまった・・・。
経験値は増えたけど、走行料金が値引きされるわけじゃないんだよね。これは痛い。


いきなりのコースアウトなんて自分でもかっこ悪いなぁと思いつつ、コースアウトしてリタイヤするドライバーの気持ちがちょっとだけ分かったような気がする


Formula RENAULT 練習走行記 その4に続く

2006年9月16日土曜日

Formula RENAULT 練習走行記 その2

2006年9月13日
朝、起きてみるとやっぱり雨。
テレビでニュースや天気予報をチェックしてみたものの、広東語?だから意味不明・・。分かる漢字と英語の字幕を拾い読みしたら、どうやら「台風接近中」で「午後は全学校が休校」らしい。
昨日は「各地で豪雨による被害が発生」したり「地下鉄が止まった(遅れた?)」らしい。


とりあえずホテルをチェックアウトして、タクシーで港へ移動。
フェリーが出港するのか心配だったけど、天気も波もそんなにたいしたことはないみたい。
フェリーでサーキットがある中国の珠海(Zhu-hai)へ、約1時間の船旅。船内のパンフレットによると、車でも移動できるよう横断道路が建設中らしいんだけど、それらしきものはどこにも見当たらない。さすが中国。やることがアバウトだ。突貫工事で一気に建設するつもりなのかな?

珠海に到着して、そのままタクシーサーキットへ。
香港ではそんなに降ってなかった雨も、



ここでは土砂降り。道路に川が出来てるし、タクシーのワイパーは手入れされてないのか雨を弾いてないし、すごいところだ。

チームスタッフに挨拶したあと、レーシングスーツに着替えてガレージへ。

ついに、いよいよ、待望のシート合わせです。

シート合わせというのは、コックピット内のシートを自分の体に合わせたものに仕上げること。

他人のシートにスポンジをつめて自分の体にあわせることもできるんだけど、せっかくだから自分用のシートを作ってもらうことにしました。


コックピットにビニールが敷き詰められて、そこに寝そべるように座ります。

ステアリングを付けて(ステアリングを外した状態じゃないとコックピットに足を入れられない)、まず、アクセル、ブレーキ、クラッチのそれぞれのペダルがしっかり踏めるか、ペダルが近すぎないか遠すぎないかをチェック。


そのあと、スタッフがビニールのなかに液体のウレタンを流し込みます。
ウレタンが熱を発しながら、モコモコモコッと膨らみながら体のラインにあわせて固まります。

これが熱い! 汗がでてくるほど熱い。

ウレタンが膨らみながら体を押してくるから、ステアリングをしっかり持って体をシートに押し返しつつ、ウレタンが固まるまで熱さをじっと我慢我慢我慢。


固まった後は、スタッフがシートを取り出して仕上げの作業をしてくれます。


ウレタンが流し込まれたときに飛び散ったのか、髪の毛にもウレタンがくっついてました。固まった後に気づいたので、取ることができなくて仕方なくその部分の髪をカット・・。
目立つほどカットしたわけじゃないからいいけど、髪についたときに誰かが気づいてくれれば良かったのに。



出来上がったシートをコックピットに入れて、微調整。
ヘルメットをかぶって、ステアリングを付けて、シートベルトをしっかり締めた状態でペダル位置、ミラーの角度、ステアリングを回したときにひじが当たらないか、前タイヤが見えるか、いろいろチェックします。


以前、長野県諏訪市で西谷選手と同じくAsian Formula RENAULTを戦った笠江友和選手と共同で開催したイベントのときにコックピットに座ったことがあるから、その狭さは知ってたけど、改めて思った。「狭い!」

しかも、前が見えない。
こんな感じ。(これは諏訪のイベントのときにコックピットから撮影)


西谷選手から、
「寝そべりすぎじゃないかって感じるくらいがちょうどいいですよ」
「遠くを見て。目の前は見えなくていいから」


そのとおりに座ってみて、感触をつかんだ後スタッフに「OK!」と伝えて、シート合わせ終了。

「これで大丈夫か?」って何度も聞かれたんだけど、初めてのシート合わせだしマシンを走らせたこともないから、何がどうなれば大丈夫なのかよく分からなかったけど、視界とかペダル位置とかシートの感触は大丈夫だったから、これで確定。

ペダルの感触を確かめたあとは、シフトチェンジと、ニュートラルの入れ方、バックするときのリバースギアの入れ方を教わって、何度か練習。
シフトアップはクラッチいらないし、アクセル踏んだままでできるからいいんだけど、シフトダウンが不安だなぁ。
下手すると回転数が上がりすぎてエンジン壊すかもしれないし。

リバースにいれると液晶パネルに"R"じゃなくて"3"って表示されることがあったんだけど、これはどうやらシステムのバグらしい。
リバースギアって、めったに使わないだろうけどシフトポジションが誤表示されるのって危なくね?




あとは、翌日の走行までに空が晴れることを祈るばかり。


Formula RENAULT 練習走行記 その3に続く

Formula RENAULT 練習走行記 その1

縁あって、Formula RENAULTのマシンでサーキット走行するチャンスをもらいました。
ド素人がただの憧れだけで挑戦したFormula RENAULT 練習走行記です。

2006年9月12日
中国を舞台とするAsian Formula RENAULT で戦う西谷拓也選手と待ち合わせて成田空港へ出発。
西谷選手は今回の練習走行のチャンスをくれたCHAMP MOTOR SPORTのドライバー。
ホテルや航空券の手配、現地までの案内や通訳、練習走行の指導をしてくれる頼もしい友人です。

空港でチェックインと食事を済ませて、出発までの間に三菱東京UFJ銀行のカウンターで現地通貨に換金。(事前に換金する時間がなくて、日本円しか持ってなかった・・)
香港$と中国元が欲しかったのに中国元は扱ってないと言われ、しかも、UFJ銀行のATMはカウンターからちょっと歩いたところにしかないという。
カウンターのそばにATMを置くとか、デビットカード決済みたいにキャッシュカードで処理できるとかすればいいのに。なんか、サービスが悪くないか?


離陸後しばらくすると、機内アナウンスが。
台風が接近しておりますが、避けて飛行するためさほど揺れないものと思われます。」



飛行機が揺れるとか揺れないとかはどうでもよくて、現地の天気はどうなんだ?
西谷選手が香港の友達から聞いた話だと翌日は雷らしい。翌日はシート合わせだけだから天気はあまり気にならないけど、台風ってことはずっと雨なの?
不安を抱きながら、機内食を食べて爆睡。




3時間後、香港国際空港に到着。
・・・やっぱり雨。
高層ビルが立ち並ぶ香港らしい街並みを眺めながら、タクシーでホテルへ。
チェックインを済ませて部屋で落ち着いたころにはもう日付が変わる時刻。西谷選手に翌日の時間を確認して就寝・・・って、機内で寝たから眠くないって。


Formula RENAULT 練習走行記 その2に続く。