2007年1月2日火曜日

太宰府天満宮に初詣

元日は大混雑するから、12月31日に一足早くお参りに行ってきました。
実家から2駅、自転車でもいける距離なので、"参拝"とかたいそうな感じはしません。
実家に帰ればいつれでも気軽にいけるところです。


大晦日の昼間は人が少なくて、ゆっくりお参りできました。

夜中に向けて夜店や誘導板の準備が始まってたり、年始に向けての準備が始まってました。
1年ぶりの天満宮を散策しながら写真を撮ったので、ここで紹介です。


参道の鳥居

この参道には、いたるところに梅ヶ枝餅屋さんが並んでます。
昔はどこも看板に"元祖"とか"本家"って入ってたけど、数年前から"名物"に書き換わってます。
"元祖""本家"が何件もあったから、苦情でもあったんだろうね。


本殿手前の門

この門をくぐると本殿です。


本殿


元日は人山ができて身動きが取れません。
油断してると後ろから飛んできたさい銭が頭に当たります・・。

春になると梅がきれいなところです。
2月,4月,5月のダンス発表会の成功をお祈りしてきました。


本殿のそばの大木

"この~木、何の木♪" ではなくて、


国宝の樹木です。


曲水の宴の会場

毎年3月の第一日曜日に、ここで曲水の宴が催されます。



本殿から外れて山道へ

前々から気になってた山道に入ってみました。
その先には、小さな神社がありました。

天界稲荷大明神を祭っているそうです。

訪れる人が少なからずいるみたいで、巫女さんが2人いました。


神社のそばにほこら?


中身はこんな感じ




天満宮には九州国立博物館が新設されました。
この日は休刊日なので、入り口を撮影。


ここからエレベータを上って山の上の本館に入ります。
まだ一度も行ったことがないので、次回はぜひ行って見たいですね。