2007年6月11日月曜日

悲鳴と歓声のカナダGP

今回も、下北沢のOvertakeでCS放送観戦してきました。

カナダGPで一番衝撃的だったのがクビサの大クラッシュ。
モノコックと左リアタイヤを残して砕け散ったマシンとコックピットでぐったりしているクビサを見た時、最悪の事態が頭をよぎって嫌なドキドキ感があったけど、幸いにも軽い脳しんとうと右足首のねんざだけで済んだみたい。
F1マシンの安全性は劇的に向上している証拠だね。

セーフティーカー導入、失格、ペナルティで大混乱するなか琢磨は絶妙のタイミングでピット作戦を展開して見事6位入賞!
しかも、チャンピオンのアロンソをストレートでパスするなんて。

堂々の6位入賞を示すタイミングモニタ。本当に速かった!


琢磨の6位入賞をお祝いして、シャンパンでカンパイ!


SUPER AGURIは琢磨もデビットソンもピット作業でドタバタしたけど、どちらもピットクルーの単純なミスではないらしい。
琢磨の給油ミス(に見えた)は、セーフティーカー直後に琢磨が自身の判断でイレギュラーなピットインをしたせいで給油しても大丈夫なのかどうかでクルーに迷いが出てしまったっぽい。
デビットソンがピットインしたときにクルーがだれもいなかったのは、不運にもコースに飛び出したビーバーをはねてしまってマシンにダメージを負ってしまったせい。
デビットソンも何がおきたかわからずにピットに入ったらしい・・。
大胆な1ストップ作戦だったから、ビーバーが飛び出してこなければ琢磨とダブル入賞だったかも。
レースは、何がおきるか本当にわからない・・。



スペインGPもカナダGPも琢磨の走りは本当に力強かった。
トップチームの脱落があったとはいえ、生き残っていればポイント圏内でレースができるという位置で戦うことができている。

2年前のB.A.R時代はチャンスを自らのミスで逃したり無理が過ぎるところがあったけど、SUPER AGURIに移籍してからは攻めの姿勢を残したままチャンスを手してる。
チームとともに大きく成長してるって感じ。
今週末はアメリカGP。2004年に3位を獲得したサーキットで、またまた入賞があるかも?