2008年1月10日木曜日

レビュー : 理系思想

"毎日新聞科学環境部のエース記者が送る人気の新聞コラム"らしいが、エースというほどの内容はない。


この本は、660字で書かれる"発信箱"というコラムをまとめたもの。
科学分野を狭く浅く考察したような印象があり似通ったものが多い。

2004年から3年間のコラムがまとめられているので、過去にどのようなことが話題になっていたかを軽く振り返るには良いかもしれない。