2008年1月13日日曜日

レビュー : ゲームの名は誘拐

ありがちな誘拐犯罪の物語ではない。

一人の女性との出会いをきっかけに、ひとつのゲームを企てた男の物語。
このまま単なる誘拐で終わるのかと思いきや、そこは東野圭吾。期待を裏切らない。

中盤で"このゲームは独り相撲では?"と結末が読めそうになるが、終盤の展開はひきつけられるものがあった。