2008年8月26日火曜日

駐車場、申し込み

アパートに駐車場がないから、近所の駐車場に申し込みしてきました。


個人経営なのか、出てきたのはおじいちゃん。
駐車場契約の話をしても大丈夫なのか?って不安に思いながら話を進めてたら、なんと住んでるアパートのオーナーさんでした。


「アパートの方なら、1,000円引きの12,000円で良いよ。」と、安くしてもらえました。
うちの近所は相場が10,000~17,000円だから、このあたりでは安い方っぽい。


車が来るのが9月中旬って伝えたら、「それなら契約書はそのときにしましょう。今書いたらもったいないでしょう。堅苦しいこと言わないから。」
いいおじいちゃんだ。


車庫証明の申請に必要な「保管場所使用承諾証明書」だけ書いてもらいました。


明日、実印登録して印鑑証明を取得したら、書類をまとめて送付して手続き完了。
頭金も振り込んだし、あとは納車まで待つばかり。

2008年8月25日月曜日

インテグラ Type-Rをオーダー



ついに決めました。


HONDA インテグラ Type-R 2005年式をオーダーしました。
走行距離は38,000km、改造・修理歴なしのノーマル車です。


早速、近所の駐車場の管理人さんに連絡をとって契約希望を伝えました。
今週中に印鑑登録して必要書類をそろえれば、納車は3~4週間後の予定です。


夏休み予定日と納車時期が重なってるから、さっそく慣らし運転がてらに遠出しようかな。
いまから楽しみデス。

2008年8月24日日曜日

インテグラ Type-R

やっぱり、憧れの車は見逃せない!


初代インテグラ Type-Rが発表されたとき、まだ免許ももってないのに「将来、この車を買う!」っていって新聞記事を切り抜いて保管してたっけ。
多分、まだ実家にあるファイルに貼ってあるはず。


もう生産が終わった車で新車販売はないから、中古車でできるだけ程度のいい車を探してます。


昨日、さっそくガリバーでType-Rを検索して、なかなかよさそうなのを見つけました。
日曜日に詳しい話を聞く予約を入れたから、さらに良いものがないか探してもらいます。


あとは、ガリバー以外の販売店で見つけた極上のType-Rの実車を見に行って見積もりをもらってきました。


ガリバーでさらにいいものがあって、実際に見に行けるものならそっちで。
販売店で見たものがよければ、それに決めるかも。


Type-Rならランエボやインプレッサより100万円以上安いし、いいものを見つけたい。


それにしても、販売店もディーラもどうして車で行かないと不便なところにあるんだろう。
車がないのに車で行かないと不便なところに行くって、なんだかなぁ・・・。

2008年8月21日木曜日

シビック TYPE-R

気になってる車のひとつ。


コックピットは、最近の車の中では一番良いと思う。
正面中央にタコメータがあって、その上にデジタルの速度表示。
視線移動がすくなくなるこの配置は、走りやすさを考えたHONDAらしさが出てる。


リア周りの大きさがちょっと気になるけど、実物をみたらまた感じ方がかわるのかな。
ってことで、ディーラー見積もり。
9月にマイナーチェンジがあるらしくて、見積もりはマイナーチェンジ後のもの。(現行モデルと本体価格が全く一緒なんだけど何が変わるんだろう。)



車両本体価格 3,129,000円(消費税込)
オプション等合計 59,850円(消費税込)
お値引き 50,000円(消費税込)

諸費用
 自動車税 19,700円(今月登録の場合)
 取得税 136,000円
 重量税 56,700円
 自賠責 31,600円
 代行手数料 33,980円(消費税込)
 リサイクル料金 11,750円
 ナンバー代 3,240円
 車庫証明代 2,600円

総 額 3,434,040円

★おすすクレジット試算
頭金 1,000,000円
所要資金 2,424,040円
初回 51,290円
月々 46,400円×59回

この前行った販売店は、車両本体価格が278万円(税込)だから、買うならそこだな。
週末は、HONDAにも行ってみよう。

2008年8月20日水曜日

極秘資料?

ランエボ Xの見積もりをネットから請求したら、三菱自動車の営業担当がわざわざ自宅まで資料を持ってきてくれました。


不在にしてたから携帯に電話があって、資料をポストに入れておいたことと年式変更のこと、現行モデルは完売したことを伝えてくれました。


郵送じゃなくてわざわざ持ってきてくれて、しかも電話で説明してくれたことが丁寧に手書きで便箋に書いてあって、なかなか気の利く営業さんです。
現行モデルのカタログのほかに、[極秘]の文字が入ったA4用紙が入ってました。


年式変更後のグレード別装備とおよその価格帯の資料で、日付は今年の7月。
ディーラーに行けばこの程度の情報はもう手に入るだろうから極秘でもなんでもないでしょ。


内部資料っぽいのをコピーしただけのものじゃなくて、もうちょっときれいにまとめたものを出してほしかった。
ここだけマイナスポイント。


で、まだ価格がはっきり決まってないらしくて、見積もりが出せるのは9月下旬ごろになるんだって。
「装備や内装が充実したものになるので、現行モデルより高くなります」っていわれたけど、この前行った販売店で店員がディーラーと電話で「価格は据え置き? このご時世ですからねぇ」って話してたからたいして上がらないんじゃないかな。


まだディーラーに残ってるものを試乗してみたいんだけど、2年くらいマニュアル車を運転してないから、ちょっと不安なんだよなぁ。
どこかで練習できないかな。

2008年8月18日月曜日

車購入計画

レーシングカートを買ったばかりだけど、前々から考えてた車購入のためにディーラー回りを始めました。
ほしい車があったときは資金がなくて、資金ができてきたころにはほしい車の生産が終わってて。


これ以上先に延ばすと車を持つことがなくなりそうだから、そろそろ本気で考えてます。
基本的には新車で。


中古車も考えたけど、前の所有者がどういう乗り方をしてたかわからないのは嫌だし、メンテナンスで費用がかかるようなら思い切って新車にして長く乗ったほうが良いと思うし。
中古車でも程度が良いやつは新車よりちょっと安いくらいだから、それなら新車のほうがいいかなと。


土日で三菱と、一般販売店にいってきました。
見積もりをもらったのは "ランサーエボリューション X GSR"とと"スバルの"インプレッサ WRX STI"


ランエボはディーラーと販売店でそれぞれ見積もりをもらって、インプレッサはスバルのディーラーがお盆休みなので販売店で見積もりをもらいました。


販売店の見積もりだと、どちらの車も頭金100万円だと35万円くらい値引きが入って諸経費込みで400万円くらい。
ローンを組むと、60回分割(ボーナス払いなし)で月々55,000円くらい。


三菱ディーラーのランエボの見積もりは、頭金入れても値引きなしの総額450万円くらい。
60回分割にすると、金利が高くて月々68,000円くらい。
さすが黙ってても売れる車は、強気の販売だ。


ローンはできる限り短くしたいんだけど、維持費を考えると月6万円くらいが限界だろうし頭金が少ないから仕方ないか・・・。


ランエボは、10月に年式変更とマイナーチェンジがある影響で、現行型は9月末までの生産ラインがすでに埋まっていて、大きなオプション変更がないものならオーダーできるらしいです。
ランエボにするなら、新年式でオーダーして年明け納車でも良いかな。急いでないし。


ランエボの試乗車の助手席に乗せてもらったら、加速もブレーキも安定感も本当に気持ちいい。
シルビア S15みたいな車にくらべたら全高が高いから、あんまり好みではなかったんだけど、乗ってみたらシートポジションが低くてなかなかいい乗り心地でした。


来週末はスバルのディーラーに行って、インプレッサの実車を見てくる予定です。


"ランサーエボリューション X GSR"
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/evo/grade/gra_01.html


"インプレッサ WRX STI"
http://www.subaru.jp/impreza/wrxsti/lineup/wrxsti.html

2008年8月11日月曜日

はなまるカフェ

佐藤琢磨選手
Tシャツ


今朝のはまるカフェのゲストは、佐藤琢磨選手。
もちろん、録画しました。


登場した琢磨選手をみて、びっくり。
昨日買ったシャツと同じやつ着てる!!


高かったけど、買って良かった。

2008年8月10日日曜日

琢磨選手のモナコGP仕様デサントシャツを入手。

琢磨選手が今年のモナコGPでの記者会見時に着用していたパーソナルスポンサーのロゴ入りシャツの色違いを、池袋パルコのレーシングギアで見つけました!


もちろん、迷いなく購入。


琢磨選手が着用していたのはグレーのシャツだったけど、それはすでに完売していてホワイトが昨日入荷したそうです。僕が行ったときに残っていたのはMサイズ2枚とLサイズ1枚。
Lサイズを購入しました。


どこも売り切れで、あきらめてたから本当にラッキー。


右腕にはTSのロゴと琢磨選手の公式サイトのURL、裏には首のところに「THANK YOU SAF1」の文字。


もし、富士で琢磨選手がスポット参戦することになればこれを着て行きたいですね。

レーシングスーツ用ワッペン

レーシングスーツにつけるワッペンを、刺繍屋ドットコムで作ってもらいました。


ワッペン

自分のロゴの、「Rev System」をデザインしたものです。
スーツに定規をあててサイズを決めたんだけど、実物をスーツにあててみたらちょっと小さい感じ。


縦5cm 横10cmで作ったんだけど、もう一回り大きい方が良かったかも。
胸につけるにはちょっと小さい感じがするから、腕に縫い付ける予定です。


価格は2枚で9,800円。
1枚だと7,500円くらいだったかな?


刺繍屋ドットコム
http://shisyuya.com/

Eee PC 901 を購入

ASUSのEee PC 901 を購入しました。


Eee PC 901


イー・モバイルのデータ通信カードD02HWと「スーパーライトデータプラン にねんMAX」の契約をつけて、本体価格14,800円(税込) (ビックカメラ ビックパソコン館 池袋本店)
マウスとPC本体を持ち運べるソフトケース付きです。


イー・モバイルの月額基本料金は2,900円。無料通信分を超えても最大6,880円。
2年契約なので、途中解約すると2,900円 x 残り月数の違約金が発生するそうです。


OSはWindows XP SP3。
メモリは1GB。
ディスク容量はCドライブ 4GB+Dドライブ 8GB。
ハードディスクがSSDなので、かなり速い(ようなきがする)。


MS-Office互換のStarSuite 8 ASUS editionとAdobe Reader、WinDVDがDドライブに入ってました。


この状態で、Cドライブの空き容量は約1.1GB。
いらないものをアンインストールして、必要なものをインストールして、Cドライブに入っていたものをDドライブにインストールし直したけど、結局Cドライブの空き容量は1GB。


うーん。
まぁ、これくらい空いてれば大丈夫かな。


セキュリティ関連のソフトも付属してないので、キングソフトのフリーウェア「INTERNET SECURITY U」をインストール。これで、ひととおり使えるようになりました。


今月下旬にでるAcerの「AOA150」と迷って、比べると、AOA150はバッテリ駆動時間が3時間でEeePC 901は8.3時間。
HDDは、AOA150が120GBでEee PC 901が4GB + 8GB(ただしSSD)


ということで、総合的にみてバッテリ駆動時間の長さとSSDを使ってみたい興味本位でEee PC 901に決定。
失敗だとしても痛くない価格だから、半年くらい使い倒してみます。

2008年8月5日火曜日

猛暑にレーシングカートは無理!

レーシングカート
シート確認
笠江選手


ずっと前に注文していたレーシングカート、笠江選手とともについに初走行してきました。


カートを所有するのは初めてなので、サーキットあずみ野のスタッフにメンテナンスのアドバイスやエンジンのかけ方、コースの攻め方等々丁寧に教えてもらいました。


カートの組み立てから初期整備も本当に丁寧に仕上げてくださっていて、感謝感謝です。


教えてもらいながら混合燃料を作った、りタイヤの空気圧をチェックしたり、押し掛けスタートの練習をしたりで、コースインするまでに1時間くらいかかったかな。


初めての押し掛けスタート。
何度か練習したあと、笠江選手に補助で押してもらいながらエンジンをスタートさせることができて、無事にコースインできました。


スピンしてコース場でエンジンストップしても、一人でエンジンスタートさせることができたし、押し掛けスタートは思ったより簡単。


新東京サーキットの模擬レースで押し掛けでエンジンスタートできずにコース脇にカートを止めてしまうドライバーをみてたから、難しいものかとおもってたけど慣れると案外簡単です。エンジンによって掛かりにくいものがあるもかな。


当日は、レンタルカートの走行が何回かあったのを除けば、僕らみたいに持ち込みカートで走ってるのは3,4人くらい。そのうち1人はキッズカート。
同時に走ってもコース場は常にクリアだから、ほぼ貸し切り状態。


これなら笠江選手と15分交代で走っても夕方までかなり周回できるとおもったけど、、、無理!


猛暑のなかで10分も走ったら、体力無くなってタイムがどんどん落ちていく・・。
1コーナ手前のストレートエンドで100km/くらいに達するエンジンだからかなりパワフル。
体力落ちて辛くなると自然とブレーキングポイントが手前になるし、コーナーではGに負けて体が引っ張られるし・・・。


10分走ったら、頭から水をかぶって30分休憩しないと次が走れないほど体力を消耗する暑さでした。走り終わったあとのレーシングスーツは汗で重くなるくらいにびっしょり。
15分走り続けるなんて無理。


真夏にサーキットで戦ってるドライバーを改めて尊敬しました。


でも、思った。
きっと、夏はモータースポーツの季節じゃないんだ・・・・。


ベストタイムは笠江選手の0.7秒遅れ。
平均タイムは1.5~2秒遅れ。
1コーナがうまく攻められずに続く2,3,4コーナで伸びないのと、アクセルオフしている時間が長くて加速につながらないせいでタイムにつながってません。
頭ではわかってるんだけど、どうしても恐怖心に勝てずにアクセルをゆるめてしまう。


来月も走りに行くから、次はもっとタイムがのばせるようにがんばらないと。