2009年9月1日火曜日

Honda ドライビング・ミーティング (1)

ツインリンクもてぎで開催された「Honda ドライビング・ミーティング」
疲れたけど、最高に楽しいイベントでした。

HONDAのスポーツカーオーナー向けの安全運転講習会で、自分の車を使って参加するイベントです。

どういうことをやったかというと、、、


受付を済ませたあと、部屋に集まって講師の紹介。

一人目は、岡田秀樹さん。
全日本F3000に出場し、全日本GT選手権でMcLaren GTR駈り、今はチーム国光でアドバイザーを務めてる方。

二人目は佐藤久美さん。
耐久レースメインで走っているみたいです。ブログを見つけたけど、ここに写ってる写真より実物のほうが若く見えて美人でした。



午前中は、ドライビングレッスン。
ぬれた路面で、60km/hと70km/hからのフルブレーキと、70km/hからABSを利かせないくらいの踏力で目標点を目指して止まる目標ブレーキ。

思い切り踏んでるつもりでも踏力が足りなくて、車内に置いた無線機から「もっと踏んで!」「踏み始めは良かったけど、最後に弱くなってるね」とかいろいろアドバイスがもらえました。

岡田秀樹選手に同乗してもらったときに、「ヒール&トゥできる?」って言われたんだけど、やったことないと伝えたらお手本見せてくれました。
曰く「マニュアル車乗ってて、ヒール&トゥできないと恥ずかしいよ」だそうな。
できるようになりたいけど、練習する機会がないからなぁ。



次に、ぬれたタイル路面の上をスラローム走行。
20km/h以下でそっと走ったのに、信じられないくらいグリップしなくて強烈なアンダーステアが出たり、フロントタイヤが空回りしたりで想像以上にコントロールが難しかった。

アスファルト路面からぬれたタイル路面に入る瞬間にブレーキを踏むと、タイル路面に入った瞬間からABSが利いて、タイヤロックせずに姿勢を保ったまま走り抜けることができたのは、なかなかできる体験じゃないからおもしろかった。

ABSって、急ブレーキをかけたときに威力を発揮するものだと思ってたから、新鮮な動きでした。ABSって賢い。