2010年8月9日月曜日

やっぱり渋滞ヤダ

先週に続いてまた渋滞ですよ。

土曜日の朝7時,、ニュースみたら下り方面の高速道路がすでに大渋滞。
しかも目的地方面は40km渋滞とかあり得ないって。


諦めて一般道走ったら、普段は40分で済むところが2時間半。
2時間で済むところが4時間。

当然目的地には大遅刻するし、暑くてぐだぐだだし、もうヤダ。


荷物おろしなのか買い物なのかしらないけど、路肩に止めてる車は自分が渋滞の原因になってるって気づかないのかな。
点々と停まってるから、左側車線が使い物にならなくて幹線道路が延々と渋滞してるんですけどー。


高速道路安くするなら、同時に渋滞対策しないとダメなんじゃないの?

2010年8月6日金曜日

最近の燃費

最近のインテRの燃費はこんな感じ。 
ちなみにカタログ値は12.4km/L 

長距離ドライブの往復で1回ずつ給油しただけだから、給油回数が少ないです。 
8月1日は、信じられない大渋滞にはまったから燃費も最悪。 
でもそれ以外はまずまずじゃないかと。 

2010年8月4日水曜日

うなされた

今朝、夢にうなされてぐったりして起きたせいでなんだか朝から疲れた。

なぜか僕は空港にいて、目の前で飛行機が着陸態勢に入ったんだけど、とてつもない突風で飛行機がバランスを崩して墜落。
悲惨な現場を目にするという。


最近飛行機に乗ったわけじゃないのになんでこんな夢を見たんだろうって考えてて思い出した。
1985年8月12日に日本航空123便が墜落して、もう25年経つんだ。

忘れちゃいけない繰り返しちゃいけない事故ですね。

2010年8月3日火曜日

渋滞ヤダ

日曜日、ちょっと遠出したんだけど帰りの渋滞はもう最悪。


一般道で自然渋滞。
有料バイパスで事故渋滞。
あきらめて一般道に降りたらまた自然渋滞。
トドメは、首都高の工事渋滞。なんで、一番渋滞しやすい曜日・時間帯に工事で車線規制してるの。


3時間で帰れるはずが倍以上の時間がかかって、左足ぐったり。
渋滞にハマると実感するインテRのクラッチペダルの重さ。


2010年7月31日土曜日

システム管理者の日

7月最終金曜日は、恒例の"システム管理者の日"でした。

wikipediaによると、

残りの364日にはほとんど敬意を払われていないシステム管理者に対し、そのシステムの利用者等がプレゼントを贈るなどして感謝の意を表する日



2010年7月26日月曜日

今日の戦利品

下北沢のビレッジヴァンガードで、CD買ってきました。
夏のドライブのお供にします。

イージーリスニングなCDも欲しくていくつか視聴してみたけど、"これ"っていうのに巡りあえず今回は見送り。また今度、探しに行かなきゃ。

買ったのは、この3枚。

2010年7月24日土曜日

久しぶりに酔っ払い

金曜日、下北沢Overtakeで就職祝いの飲み会をしてもらいました。
F1ドイツGPのフリー走行2 を観戦しながら、車の話やら9月のINDY Japanで土曜日予選後にどこか温泉にいけないか作戦会議したり。

そのあと、終電ぎりぎりでいちどは帰りかけたけど呑み足りずに渋谷に再集合(笑


適当に入ったお店で呑んでたら、まさかの4時閉店で始発前に街に放り出された・・・。


仕方無しに1時間だけカラオケして、始発へ。
なんか、いろいろ時間過ぎて何本も電車を見送った気もするけど。



で、で、帰って寝て目が覚めたら・・・・財布がない!


2010年7月23日金曜日

渋温泉

土日に、渋温泉に行ってきました。

立ち寄り湯に使ったあと、景色を楽しみながら渋温泉に向かおうとつま恋の峠を通ったら、


豪雨! 霧!


最初は天気が良かったのに、登るにつれて豪雨と霧で視界が無くなり、頼るは前を走る車のテールランプ。
連なって走ってる2台前の車は姿が見えず。

だから、この先が直線なのかコーナーが迫ってるのかも分からず・・・。
そこはカーナビの画面を見ながら判断したけど、なかなか無い経験でした。

豪雨のサーキットは、前車のテールランプやブレーキタイミングを頼りに走るらしいけど、まさにそんな感じ。

対向車線の車はコーナーで大きく膨らんで曲がろうとするから、ぶつかりそうになるし。
もう大変でした。


2010年7月20日火曜日

自動車事故のニュースが増えてますね

石狩の国道や常磐道で悲しい事故のニュースが。
運転手は疲れを感じる前にこまめに休憩しよう。そして、落ち着いて走ろう。
長距離に慣れてないならなおさら。

そして、出発前に車を点検しよう。
給油ついでにタイヤの空気圧点検するだけでもずいぶん違うはず。


間違いが起きても、ゲームみたいにリセットはできないんだから。


INDY Japan観戦計画

9月に開催されるINDY Japanの観戦計画をぼちぼち考え中。

9月18日(土) : フリー走行、予選観戦
9月19日(日) : 決勝観戦
9月20日(祝) : 決勝延期時の予備日


日帰り弾丸ツアーはやめて、車中泊で過ごす予定です。
リアシート倒せば足伸ばして寝れるから、暑ささえしのげれば問題ないはず。

お風呂は、サーキット近くに日帰り温泉があるし、1,2時間くらい走れば温泉地もあるから、こちらも問題なし。


もしくは、温泉宿を探してみるのもいいかも。


正式なタイムスケジュールが発表されてないから詳細がわからないけど、去年のスケジュールと同じだとしたら予選が終わるのが17時。
ここから渋滞を気にしながら3時間くらいかけて帰って、翌朝はやくまた3時間くらいかけてサーキットに向かうのは、ちょっときつそう。
だから、車中泊がいいかなっと。

2010年6月28日月曜日

Overtakeで、ドライバー視点のイベントを

ゆるーく開催できないかと考え中。
こんなのあったら、人があつまるかな?


== ゆるーい企画案 ==

テーブル席を2つくっつけて6,7人くらいでパスタやピザを食べながら、フリートークしたり質問コーナーにしたり。
ゲストは、僕がサポート役をやってる笠江友和さん。(mixi は こちら)


例えば、
・スリップストリームに入ったとき、マシンはどんな挙動をするの?
・タイムを削るにはどんな走りをするの?
・ブレーキでマシンの向きを変えるって、どういうこと?
・走行中コックピットから見える景色(サインボードの字は読めるの?ブレーキングポイントで目印にしてるものはあるの?)
・中国のサーキット事情
・海外で戦うためのライセンスってなにが必要?
・HANSの実物を、首に乗せてみよう!
などなど。

2010年6月26日土曜日

2010年6月25日金曜日

メガネ男子

年ぶりにメガネ買いました。 

シルバーで、縁が上だけについてるやつ。 
ちょっとおしゃれに見えるような、そんなデザイン。 



普段は裸眼で、車運転するときとか外出先で見えないと困るときだけコンタクト。 
でも、ちょっと車を使いたい時とか、一日中コンタクトじゃなくていいんだけどってときに、いろいろ面倒なんでメガネにしました。 


メガネも好きなんで、この夏はメガネ男子で過ごすかも?

2010年6月24日木曜日

和歌山ドライブ & 温泉ツアー 2日目

2日目。

スケジュールは、
7時~ 朝風呂
8時~ 朝食
10時 チェックアウト

2次会のお酒で潰れて布団に戻ったあと、「朝風呂いくから7時に起きなきゃ」と目覚ましをセットしようと携帯をみたら


AM 7:19


寝坊した(笑
すぐに準備して温泉へ。


2010年6月23日水曜日

佐藤琢磨のINDY500仕様のヘルメット製作過程

塗ってるところが映像で公開されてます。
左右に描かれてるロータスのマシンの写真って、カッティングシートで貼ったあとに上下左右をマスキングテープでとめたままにしてる??

2010年6月22日火曜日

和歌山ドライブ & 温泉ツアー 1日目

19,20日は、和歌山へ温泉&ホタル観賞ツアーに行ってきました。
木曜日のインテRの点検は、この日のため。

オイルを変えて添加剤を入れて気持ちいエンジンコンディションで出発しました。


事前に調べたルートだと、片道約9時間
休憩やもしかしたら仮眠するかもで10時間くらいとみて、6時半に出発して16時くらいに着く計画を立てました。


朝、6時半ごろにマイミクさんを拾って東名高速へ。
西日本から崩れた天気がずっと続いてて、終始天気のわるいなかの走行でした。

ひどかったのは御殿場手前。
小雨 & 濃霧 & 前を走る車が跳ね上げる水滴で視界は最悪。
なんとか切り抜けて順調にドライブを楽しんでると・・・


2010年6月21日月曜日

インテグラ、車検前点検完了

先週木曜に、車検の見積りとオイル交換、ステアリング調整といろいろ兼ねて車検前点検やってきました。


ディーラーに持って行くと車検前無料点検っていうのをやってくれて、エンジンや足廻りを見てもらいました。結果、異常なし。
去年9月に点検して以来10,000kmくらい走ったけど、交換が必要なものが無くて良かった。

2010年6月10日木曜日

F1マシン 売り出し中

ご紹介するのは、2点(笑



2006年に山本左近がドライブしたSA06(エンジンなし)!

SUPER AGURI 2006 F1 RACE CAR SA06 CHASSIS 04

価格は£100,000.00(1,333万円)!

レクサスLFAの1/3で買えるというお買い得品(笑


2010年6月8日火曜日

本格焼酎「右京」 麦 1800ml 発売

右京さんネタが続きますが、消して片山企画のまわし者でも関係者でもありません(笑
手元にある芋焼酎「右京」がどういうお酒なのか調べようとして、麦が目に止まっちゃいました。



オリジナルブランド焼酎第2弾 "本格焼酎「右京」 麦 1800ml"が、今日発売だそうです。
焼酎がお好きな方、試してみてはいかがでしょう。
(僕は焼酎が飲めないので、注文したくてもできない・・・。)


2010年6月7日月曜日

TeamUkyo のサイトが再開!

本日、TeamUkyo のサイトが再開されました!
http://k-planning.co.jp/


5月からの活動報告や、今後の予定、夏に開催されるチャレンジスクールの概要などが載ってます。

右京さん、昨日も自転車レースだったんですね。
がんばれ!右京さん!

2010年6月1日火曜日

Amazon EC2でCentOS5.4のAMIを作成するときのec2-bundle-volエラー対処

Amazon EC2で、作成したCentOS5.4のパッケージをec2-bundle-volでイメージ化しようとすると
FATAL:Could not load /lib/modules/2.6.16.33-xenU/modules.dep:No such file or directory
と出てしまいます。
そこで、解決するために必要なkernelモジュールをダウンロードして組み込みます。


CentOS 5.5でPHP 5.2.13のRPMパッケージを作成・インストール

CentOS5.5(5.4でも大丈夫かも)で、PHP5.2.13のRPMパッケージを作成してインストールする手順です。

※ 注意事項

  • インストールできることまでは確認してますが、自己責任で。
  • RPMパッケージのビルド用にいろいろインストールするので、パッケージ作成環境と運用環境を分けるのがおすすめ。
  • 対象は64bit版です。32bit環境の場合は、x86_64の箇所を適宜読み替えて下さい。

INDY 500 で琢磨選手完走!

日本時間深夜の放送は、毎度のことだけど眠い・・・。

午前2時にスタートしてゴールが6時前って、結構疲れるね。
そんな長時間のレースで、琢磨選手が初のINDY 500で20位完走!!


100周目あたりからトップ10を狙える位置を走ってたから、もっといい結果を期待してたんだけど、ペナルティを受けて最後尾に後退するという残念なことに。
そこから追い上げたものの2周遅れの198周でチェッカー。でも、完走できてよかった。

2010年4月6日火曜日

最近読んだ本

Twitter社会論 新たなリアルタイム・ウェブの潮流 / 津田大介


"「tsudaる」技術"や"twitterとジャーナリズム"は読み応えあり。F1関連でtsudaることがあるから参考になった。これだけの内容が740円で手に入るなんてすばらしい。


「tsudaる」の語源となった筆者のtwitter活用術は、なるほどとうなずくものが多い。
僕は、去年の楽天テクノロジーカンファレンスや、F1 PITSTOP CAFEで開催された「川井ちゃん おしゃべり会」「ブリヂストン 浜島さんトークショー」をtwitterで中継してたときに工夫・注意してたことが本に書かれているポイントとかなり共通していて、自分のやってることに自信が持てた。

中継した各イベントのtweetは、togetterにまとめてます。
http://togetter.com/id/revsystem


中継に関しては、"twitter中継と著作権問題"が個人的に印象的だった。
いままで、中継をするときに著作権なんて考えもせずに勝手にtweetしてた(twitter禁止のイベントは除く)から、今後は注意しようと思う。




twitterの特徴のひとつがリアルタイム性と速報性だと思っていて、本にもそのことが触れられている。
そして、本には、デマや誤った情報も一瞬にして広まる危険性と検証が重要だと触れられている。

本を読んでる頃に、「川崎市の高津区役所で590人分の子供手当てしてたアジア系の人いた」「審査が通った」とまさにリアルタイムにデマ情報が流れてて、良い教材になった。

非実在市役所で非実在の子供手当て支給が問題になってたまとめ
http://togetter.com/li/12774


そのほか、最近だと原宿で起きたパニックなんかもそう。

原宿・竹下通りのイベントで多数倒れ 13歳少女がケガ
http://togetter.com/li/11363


こういった情報は検証なしに一気に広まっていくから恐ろしい。



巻末に筆者と勝間和代氏の対談が収録されていて、ここに"twitterは「原始インターネット」"と表現されているのは、なるほどと共感できる。
僕はtwitterは昔の(今もあるだろうけど)チャットルームの再来だと思う。

自宅や大学でインターネットに触れ始めた97年当時、暇さえあればチャットルームに入って会ったこともない人たちとの会話を楽しんでたけど、twitterはそのときの雰囲気にどことなく似てる気がする。

いまいちうまく使いこなせてなくて、試行錯誤中です。
ちなみに、僕のアカウントは、http://twitter.com/revsystem

2010年4月3日土曜日

どうしてこうなった?

AmazonにUSB接続のディスプレイを注文したら、裁縫セットが届いた。
箱は注文した商品のものなのに、中身は裁縫道具やフェルト、パンツゴム、布用粘着テープなどの詰め合わせ。

どうしてこうなった?



今回、僕がAmazonに注文したのは センチュリー 液晶ディスプレイ LCD-8000U
USBでPCと接続できる液晶ディスプレイです。

届いた箱はこれ。



写真も型番も注文した商品に間違いありません。
わくわくしながら開けてみると、



なぜか、裁縫セット。
僕の液晶ディスプレイはどこへ?
裁縫セットを注文した人のところに行っちゃった?


販売元はAmazon.co.jpとなっているので、ショップにありがちな「余ってた箱に詰めて送ったら、送付先を間違えた」みたいなことでは無いと思うんだけど。
それともAmazonの倉庫で、他の商品の空き箱に小物を詰めて送付するようなことが行われてるとか?



裁縫セットを受け取っても仕方ないので、返品手続きします。
ディスプレイは、家電販売店で買っちゃおうかな。






ノートPCにつないで、明日のF1マレーシアGP観戦のときにタイミングモニタ を両方のディスプレイに表示して仲間と見ながら盛り上がろうと思ってたのに。

2010年4月2日金曜日

最近読んだ本

iPhoneとツイッターで会社は儲かる / 山本敏行


イーシースタジオ社の代表取締役 山本敏行氏による、iPhoneとTwitterの全社導入の事例を中心にGoogle Apps、クラウドについての簡単な説明が書かれた本。


僕自身はiPhoneは持ってないけど、TwitterとGoogle Appsは普段からよく使っているので本書の内容に目新しいモノはなし。
これからiPhoneとTwitter、Google Appsを社内に導入しようかと考えている人が軽く参考にするには良いかもしれないです。


一点注意しなければいけないのは、この本は代表取締役という会社トップの視点から導入事例が書かれている点。大部分がメリットについて書かれてい て、デメリットはほんのちょっとしか書かれてない。
それと、社員の視点から捉えたメリット・デメリットについても突っ込んだ内容がほしかった。

巻末にイーシースタジオ社員約30人に対する全社導入アンケートの回答が実名入りで掲載されているけれど、回答をそのまま載せただけで内容がまと まっていないので、実際にどこまで活用されているのかがわかりにくい。


会社トップは「うまくいっている」と思っていても、現場レベルでは見方が異なっているというのはよくある話なので(実際、そう感じてるし)、社内 のツールとして導入を検討するなら現場主導の方が良いと思う。

高速の上限料金

高速の上限料金制 ETCに限らず
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1162104&media_id=4

上限をあげることで異常な渋滞がすこしでも解消されるなら良いんだけど。

ただ、
"ハイブリッド車や電気自動車などエコカーについては軽と同じ料金とする。"
これは、ちと納得できない。

クルマがエコだからって、乱暴な運転すれば全然エコにならない。
高速道路を走ってて、とんでもない速度であっというまに彼方に消えていくプリウスやインサイトをよく見かけるんだけど、そういう非エコなことやっ てても一律に割り引きされるのって変じゃない?


こっちは、エコドライブしてカタログスペック以上の燃費で走ってるのに通行料金も税金も高い。
かたや、クルマがエコっていうだけでどんな運転しても通行料金が安くて税金が優遇される。


なんか、納得いかないんだけど。

indycar.com 翻訳データ作成中

formula1.comでやってるのと同じように、Japanize(http://japanize.31tools.com/)というプラグイン をブラウザにインストールすると、indycar.comの表記が日本語になるように翻訳データを作成中です。

プラグインをインストールして(すでに入ってればそのままで) http://www.indycar.com/ にアクセスしてみてください。

琢磨選手が所属するKV Racingのサイト(http://kvracingtechnology.homestead.com/) の翻訳データも少し追加してます。

チーム名やドライバ名の表記は、HondaのIRLサイトに掲載されてるものを参考にしました。


「訳がおかしい」とか、「追加で訳したんで使って」とか大歓迎です。

2010年4月1日木曜日

最近読んだ本

僕が15で社長になった理由(わけ) / 家本 賢太郎


2001年の出版なので、ちょっと古い本です。

"15歳で起業した車いすの少年"の生い立ちや、未成年であがゆえにぶつかった様々な壁、会社存続の危機のエピソード、お金に対する考え方など、 他の若手起業家とは(未成年で未熟という意味で)違った視点や苦悩がうかがえる内容でした。

1997年に会社を設立して、13年。
まだ28歳なんだ、という事実にちょっと驚き。


彼の会社は、株式会社クララオンライン
"東京と名古屋、台北、シンガポールを拠点としてサービスを提供しているサーバホスティング会社"です。
いわゆるレンタルサーバ業ですね。











で、なぜこの本を読んだかというと・・・。

実は学生時代に1年ほどクララオンラインで働いてました。
当時、家本社長は16歳。僕は20歳。大学2年生でした。


独立開業を支援する「アントレ」という雑誌にクララオンラインが紹介されているのをみて、「15,6歳にできるなら、僕らだって起業できるはず」 と友達と当時住んでいた岡山から名古屋の会社に押しかけて、話を聞きに行きました。

それがきっかけでクララオンラインで仕事をするようになって、インフラ・サーバエンジニアを目指したり、ベンチャー志向に目覚めた覚えがありま す。



本を読んでみて、当時の苦労話や会社が傾きかけたときのことを思い出したり、名前は伏せてあるけどあの人のことだなとか、いろんな出来事が懐かし くなった一冊でした。


本の中にも書かれてるけど、会社が傾いて社員全員が解雇されるという事態があってみんな方々に散ってしまいました。
「辞めた後会社を設立したものもいる」みたいなことが書かれてるけど、それは僕らのことかも。



当時、学生ベンチャーとして友人とともに起業したんだけど、新聞やテレビの取材をいっぱい受けた割には儲からなかったなぁ。
その会社はいまでも続いてるけど、儲かってるんだろうか。

2010年3月31日水曜日

INDYの観戦スタイル

写真は、先日のINDY 第2戦の観戦の模様です。



22インチワイド液晶に、バトルが面白そうなドライバーのオンボード映像を2つとライブタイミング。

デュアルディスプレイでつないでいる15インチ液晶にTRACK FEED(中継映像)。

そして、ノートPCでINDYの実況つぶやきをしてる人たちや、チームのTweetをみながら自分もつぶやく。

さらに、US-RACINGの日本語ネットラジオで実況を楽しんでます。


贅沢だけど、何と言われようと良いんです。
琢磨の戦う姿が見たいんだから!!






indycar.comのストリーミング映像がなめらかに映れば完璧なんだけど、カクカクだったりとまったり。
オンボード映像はなめらかなんだけど、TRACK FEEDはダメですね。


やっぱり太平洋越えの回線速度の影響なのか、もしくはあちらのサーバ環境なのか。
でも、無料でこれだけの情報が得られるんだからすごい。




CS放送のGAORAを契約したけど、解約しちゃおうかな。
GAORAって生中継じゃないし、実況がぐだぐだ(笑 だし。

女の子が嫌がっている運転中のしぐさ

女の子は黙っているけど、実は嫌がっている運転中のしぐさ8パターン
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1158283&media_id=75

まず、助手席に女の子がいるなんてことがめったに無いんだけど(笑


【1】普段は優しいのに、ハンドルを握ると性格が荒くなる
ひとりの時は結構ぶつぶつ言ってるけど、隣に誰かいるときは何も変わらないです。
一度冗談っぽく「あー、渋滞してる」って言ったら「イライラしないでっ」って言われたことがあるんで、気を付けてます。


【2】「眠たい」と何回も言う
ひとりの時は「眠い!」って叫んでる(笑 でも、だれかいるときはそんなこと言わない。
言うときはホントに眠たくてピットインしたいときだから、なんども言わない(笑
「眠いから、休憩!」 以上。


【3】異常にスピードを出す
スポーツカーだけど基本エコドライブなので、公道で異常にスピードを出すことはないです。
高速道路で前のクルマが遅すぎてトレイン状態になったときとかは、流れをもどすために一気に加速して抜き去ることはあるけど。


【4】前のクルマをすぐにぬかしたがる
これはない。
抜くか抜かないかは、周りの状況次第。

たとえば、前を走ってるクルマをみて「このドライバーは接近しすぎたらプレッシャーになるな」と思ったら、むしろ僕が下がって抜けるタイミングを 待つ。
事故って巻き込まれたら災難だし。


【5】必要以上にクラクションを鳴らす
覚えてるかぎり、免許とってからクラクションを鳴らしたのは数えるほどだと思う。
それも、対向車の右左折に向けての合図がほどんどじゃないかな。
パッシングで済ませることもあるけど。

後方確認せずに車線変更してきた高速バスに思いっきり鳴らしたことがあるけど、派手に鳴らしたのはそれくらいな気が。



【6】長距離ドライブ中などにトイレ休憩をするなどの配慮がない
出発するときに「トイレと、気分悪いときは早めに言って」って言うくらいかな。
たまに走行中にも聞いたりするけど、子供じゃないんだから"なにかあったら言って"っていう姿勢です。
なにもなければ1,2時間ごとに休憩する程度。
それで十分じゃない?


【7】道に迷った時に「どっちだと思う?」と聞いてくる
道が分からない人に聞くくらいなら、ナビに聞きます(笑



【8】バックでの駐車に何度も失敗する
まぁ、目測誤ったときは1,2回切り返すことはあるけど、初めて止めるところでも何度も失敗することはないな。

あと、駐車するときの"シートの背もたれに手をまわす姿が好き"っていう女性が多いみたいだけど、僕はミラーだけで済ませるから、背もたれに手を 回したことなんてないです。
もしかして、わざとでもそういう姿を見せた方がポイント高い? (笑

2010年3月23日火曜日

F1開幕戦が退屈だったと感じる人は

F1開幕戦が退屈だったって言うのは、開幕戦への過度の期待と失望から生まれたものでは。

"開幕戦=波乱"の期待外れから"退屈→レギュレーションが悪い"ってなってると思われ。


開幕戦は、オフシーズンの限られたテストの成果を試す最初の場だし、毎年波乱の展開があるだけに期待が大きくなるのは当然のことだと思う。


今年は、ミハエルの復帰や新チームの参戦とか、今までの開幕戦にない要素がたくさんあった故に過度の期待が例年以上に膨らんだんではないかと。


レギュレーションの変更のことで賛否両論あるとおもうけど、ヨーロッパラウンドまでは見守りましょう。

2010年3月22日月曜日

CR-Z 見積編

CR-Zを試乗したついでに、見積してもらいました。
買う気はないけど、どれくらいの金額になるのかなと。



まず、今乗ってるインテRの下取り査定から。
基本査定額は119万円。
走行距離が約64,000kmとかなり走ってるので約20%のマイナス査定がついて、最終的には93万円。
2005年当時の新車で約270万円、1年半前に僕が買ったときが205万円だったからまずまずの値段?

CR-Zは、タイプαの6速MT。
HDDナビ+ETC
ディスチャージヘッドライト+フォグライト
16インチ軽量アルミホイール
コンフォートビューパッケージ
スマートキーシステム
がパッケージになってるオーダ記号[1Z44A]が約278万円。

ボディカラーをプレミアムホワイトパールにして、+31,500円

オプションは
ドアバイザー
フロアマット
レカロシート(運転席、助手席)
ETCセットアップ等
で、約40万円。

税金、自賠責、諸経費もろもろで約15万円。


インテRの残りローンが約120万円。


ってことで、
車両本体 : 約278万円
ボディーカラー : 31,500円
オプション : 約40万円
諸経費 : 約15万円
インテR下取り : 約-93万円
インテRローン残額 : 約120万円
----
合計: 約363万円也



72回均等払いで、約60,000円/月
60回払いで、59回を約60,000円/月 + 最終回を約53万円(もしくは下取り)


9月が車検にあわせて、エコカー減税とかもろもろ減免措置が間に合うように手続きすると6月の契約がリミット。

いまのローン返済でもきついのに、約60,000円/月はないわー。
インテRを買い取り専門店に持って行けばもう少し高い値がつくかもって言われたけど、それにしてもねぇ。

CR-Zは値引きがほぼ無いから、頭金を入れられるくらいの余裕がないときつい。



ってことで、10年越しの夢叶って手に入れたインテRを大事に乗ります。

2010年3月21日日曜日

CR-Z 試乗 MT編

CR-Z のMT車を試乗してきました。
ATとの違いなど、感じたことをつらつらと。


■ ブレーキ (AT車と共通かも?)
ちょっとキツイかも。軽く踏んだだけでしっかり効く感じ。
最近のクルマはみんなそうなのかな。
悪いことじゃなくむしろ良いことなんだけど、ヒールアンドトゥを試したら思った以上にブレーキが効いてうまくシフトダウン出来ませんでした。

もしかしたら、しっかりスピードにのってればうまく行くかも。


■ AUTO STOP
MT、AT共通で車速が0になると、自動的にエンジンが止まります。
ただし、MTは車速0かつシフトポジションをNにしたときにAUTO STOPが機能します。

ATは、アクセルオンでエンジン再始動。
MTは、1や2に入れるとエンジン再始動。ただし、クラッチの踏み込みが浅いと正面パネルに「クラッチを奥まで踏んでください」と表示されてエンジンが始動しません。
奥まで踏み直せば始動します。

僕はいつも浅い踏み込みでつないでるからちょっと戸惑いました。

■ シフトチェンジのアシスト
"ECOモード"と"ノーマルモード"で走行してるときは、正面パネルに"UP","DOWN"のランプがついてシフトチェンジの最適なタイミングを知らせてくれます。
コレに従ってシフトチェンジするとエコに繋がるってことなんでしょうね。
低いシフトで引っ張ってみたり、無理に高いシフトにいれてみたら積極的にランプがついてアップやダウンを促してきました。
もちろん勝手にシフトチェンジされることはないので、無視してもなにも起きないんですが。


"スポーツモード"ではこのアシストはないので、自分で考えてシフトチェンジします。


■ 回生ブレーキ
ATではブレーキを踏むとバッテリーが充電されたけど、MTではエンジンブレーキで充電されるようです。
MTでは、エンジンブレーキを上手に使うのがモーターとエンジンを活かすためのポイントみたいです。


■ 全体的な感想
車重が軽い分、キビキビとした動きをするのが面白かったです。
反面、それが物足りなさに感じたりもしました。

電子制御満載なクルマは、自分でコントロールする範囲が狭くなった感じがしてちょっと寂しい気が。



MTもATも1時間ほどしかドライブしてないし、混雑気味のところを走っただけなので、エンジンをしっかり回せなかったのが心残り。
きっとスポーツモードにして高回転域でまわせば、かなり気持ちよくはしれそうな感触がありました。

2010年3月18日木曜日

右京さん、復帰。

日本サイクルレーシングクラブ 第二戦修善寺 で、右京さんがSクラスで出場するようです。
http://www.jcrc-net.jp/sanka10/1002ml4.html#s

復帰への第一歩でしょうか。
リラックスして楽しんで欲しいです。

同じクラスに俳優の鶴見 辰吾さんも出場されるようです。

2010年3月16日火曜日

CR-Z 試乗 AT編

近所のHonda Cars 中央東京でCR-Zの試乗をしてきました。


以下、印象&感想。

今回試乗したのは、CVT+7速パドルシフトタイプ。
普段はマニュアル車を運転しているから、オートマは約2年ぶり。

試乗するときって助手席に営業担当が乗るとおもうんだけど、いつもインテグラのお世話をしてくれる営業さんが商談で忙しくしてて「お気をつけて行ってらっしゃいませー」と一人で送り出されました。



■ 室内空間
シートに座ってみると、室内空間はわりとゆったりしてる感じ。
ただし、後部座席は狭すぎて座席として機能してないので、荷物スペースとしてゆったりとしてるという印象。
座席として考えるなら、運転席や助手席をかなり前に出さないと行けないので、全体的に窮屈になってしまいます。


■ ステアリング
運転してみた第一印象は、とにかくステアリングが軽いということ。
僕の印象では、"軽すぎる"くらい軽くて「こんなにスカスカなの?」と思うくらい。
ディーラで営業さんに聞いてみたら、

「試乗された方は、みなさん"重たい"と言われます。電動パワステで制御しているとはいえ、最近のクルマの中では重たいほうなんです」

だそうです。

たぶん、僕のインテグラのステアリングが街乗り車とくらべてかなり重たいから、CR-Zのそれが軽すぎるって感じるみたいです。

ということで、ステアリングは最近のクルマよりは"やや重たい"らしい。


■ 走行時の印象
"ECO"、"ノーマル"、"スポーツ"の3つのモードが手元のスイッチで切り替え可能。
3つのモードのうち"スポーツ"モードが一番気持ちよく走れました。


"ECO"の場合、アクセルを踏み込んでも急加速せずじわり加速するので、燃費にもエンジンにも優しい走りが自然とできます。
エンジン回転数もあがりにくいので、燃費重視の走行をするなら"ECO"モードがオススメ。
ただ、僕には物足りないけど・・・。


"スポーツ"モードに切り替えると、それだけで回転数が上がって気持ちよく加速してスピードが伸びていきます。
"スポーツ"モードにすると、オートマ制御に邪魔されることなくパドルシフトでシフトチェンジができるので、走りを楽しみたいときはやっぱりこれでしょう。


"ECO"と"スポーツ"の間が"ノーマル"モード。
パドルシフトでもシフトチェンジできるけど、基本的にはオートマ制御なので「3速にしたのに、勝手に4速にあがってる」なんてことも。


パドルシフト初体験だったので、違和感だけ残りました。
パドルシフトでシフトチェンジするとシフトポジションがデジタルメーターに表示されるけど、しばらくすると表示が消えてしまう。

オートマ制御でシフトチェンジされてるんだけど、今何速に入ってるかが見えないのが不便。

次にパドル操作したときに表示されるシフトポジションをみて「さっき4速にはいってて、いま自分で5速にアップした」なんて考えながら走るのかな。
違和感を感じるなら"スポーツ"モードを使えってこと?




■ 音
比較基準が自分のインテグラしかないので一般的にどうなのかがわからないけど、"スポーツ"モードでもエンジン音もロードノイズもうるさいと感じることはありませんでした。
エンジン音は、気持ちよく響いてくる感じ。


■ 視界
後方視界がやや狭い感じ。
特に視界の幅が狭いので、駐車するときは注意が必要かも。


■ シート
標準では普通のシートなのでロングドライブすると疲れそう。
それなにのシートにしないと、運転が辛そうです。


■ 燃費
試乗車は、みんなエンジンをやたら回すみたいで平均燃費9.7km/Lという信じられない低燃費が記録されてました。
ハイブリッドなのに、インテグラより燃費がわるい(笑

通常なら、20km/Lくらいでる見たいです。


■ 回生ブレーキ
ブレーキを踏んだとき、正面のパネルにモーターの充電具合がわかるメーターが表示されます。

普段の運転では極力ブレーキをつかわなずにエンジンブレーキで減速して、最期にブレーキを踏んで完全停止ってやってるから、試乗でもそういう運転してました。

だけど、ブレーキ踏まないと回生ブレーキの意味がないことに気付いたのは試乗の後半のころ・・・。

クルマの特性にあわせて運転スタイルを変えないと性能を発揮できないっていう、良い例ですね。





試乗したのが土曜日のお昼過ぎで周辺道路が渋滞していたせいで、スポーツモードもあまり堪能できなかったけど、なかなか面白いクルマでした。

マニュアル仕様の試乗車がでたら連絡をもらえることになってるので、また試乗にいってきます。

2010年3月12日金曜日

新東京ふたたび。

退職まであと2週間半なのに有給がまるまる1ヶ月分あまってるので、有給消化を兼ねてマイミクのみなさんと新東京サーキットに行ってきました。




先月の走行で課題になった2,3,4,6コーナーの進入と立ち上がりを重点に朝から走り込みしました。


午前中は、アドバイスをもとにブレーキングポイントとラインを意識して走ってみるもののタイムに結びつかず・・・。
しかも、先月だした自己ベストにも届く気配なし。



コーナーの立ち上がりで切り込みすぎて不安定になってるとか、直線的に走るコーナーでふくらみすぎてるとか、頭でもわかってるし走ってても「あー、また失敗」とか実感できてるだけど、修正できずに四苦八苦。



で、nizさんが走ってるときにモナコヘアピンのあたりに立って、6コーナー以降のラインとブレーキングポイントやカートの挙動を観察したり、 nizさんが前を走ってるときに3コーナーや6コーナーの処理を観察したり。




さっそく目の前で見たことをまねしてアタックしてみたら、43秒831(くらいだったと思う)。
先月の自己ベストから0.6秒更新!!

2コーナーの立ち上がりでまだ大回りすることがあるから、そこをうまく処理できれば3,4,5,6ってリズムにのれるから、まだまだ伸びる余地はありそう。


あのカートだと、42秒台に入るんだっけ。
まだまだ修行せねば。

2010年3月11日木曜日

最近読んだ本

成功のコンセプト / 三木谷 浩史
成功の法則92ヶ条 / 三木谷 浩史

二次面接の案内メールに「参考図書として一読ください」と書かれていた本。
事前にそういう話を聞いてたから二冊とも読んだけど、肝心の面接では本にも社風にも一切触れられず・・・。
直前まであちこちのページに折り目つけて読み返してたんだけど、完全にやまが外された感が


落ちた要因はそんなことじゃないとは思うんだけど、ちょっと残念。


内容は、ビジネスをするうえで至極当然なこと、だけどみんな見落としてたりできていないことが書かれてる。
たしかに、ここに書かれてることを確実に積み上げていけば、創業からわずか10年で年間流通総額1兆円規模に成長するのもうなずける。




告白 / 湊 かなえ
こちらは、読まないまま本棚に1年以上眠ってた本。
それぞれの章で、中心人物の視点からの語り口調で書かれていて読者を引き込むリズムがある。だけど、オチが想像できてしまったり、展開がちょっと強引かなってところがあるのはちょっとマイナス。

2,3日くらいで軽く読むにはオススメ。




久しぶりに1ヶ月で三冊読んだ。
って、普段どんだけ読んでないんだってハナシだけど、就活が落ち着いたらまた読書しよう。

2010年3月7日日曜日

池袋の猫カフェ "ねころび" に行ってきました!


猫だらけで癒された~
コードに絡まってたり


狭いところに潜りこんでたり



腕だらーんだったり


セクシーショットだったり


でも、やっぱり猫鍋が一番萌え~

今日のインテR



修理から戻ってきました。

結局、フロントバンパーの交換、フェンダーは板金、その他細かいところの板金とパーツ交換で部品代12万円+技術料7万円。
全額相手の保険だからきっちり修理しました。


新品のバンパーに交換したから、よーく見るとボディの色と若干違う気がするけど、まぁいいでしょう。



もうこれ以上ぶつけられませんように。

2010年3月5日金曜日

INDY JAPAN 300mileのチケット

T.R.M.C-S(ツインリンクもてぎクラブスポーツ)会員向けの今シーズン特典の案内がきました。


9月17日~19日に開催されるINDY JAPAN 300mileは

会員本人のみ自由席観戦無料 + 前売り観戦券5枚まで20%OFF
(駐車料金は有料)

ってことで、駐車場だけ確保できれば観戦できることに。
指定席券も買うから観戦エリアが広がって楽しみ。


観戦計画をたてねば!



ほかにも、↓が駐車料金、観戦が無料
スーパー耐久第1, 7戦
フォーミュラニッポン第2, 4戦
SUPER GT第8戦
F3 第3,4 9,10戦


毎年高いライセンス更新費用を払ってるんだから、今年はもてぎでモータースポーツも楽しもう。

2010年2月26日金曜日

キム・ヨナと他の選手の違い

全選手の演技をみたわけじゃないんだけど、見た中では指先の使い方に違いがあるんじゃないかなぁと。


キム・ヨナは、"常に指先まで神経を集中させている”と思う。
バレエダンサーのような指先の使い方をしているから、腕の動きがすごくきれい。


他の選手は指先が開いてたり、伸びてても揃ってなかったり、あるいはだらんと垂れてたり。
ここに表現力の違いがでてるんじゃないかな。



鈴木明子選手は表情もジャンプも良かったけど、指先が開いてて手の動き全体がバタバタしてた・・・ような気がした。




タイムや得点を競う競技と違って、採点競技って難しいね。
判定基準がわからないと、「なんでこんなに差が開くの?」って思ってしまう。
"曲をとらえてる"とか"演技力"とか、どうやって数値化してるんだろう。

新東京サーキット走行

24日、新東京サーキットで走ってきました。

午前中はクラッチ無しのカートに乗ってたけど、押しがけで体力消耗したのと予想以上の暖かかったせいでちょっと気分が悪くなって早くもぐったり。


お昼を挟んで、今度はクラッチ有りのカートで周回をで重ねるとだんだん調子アップ。


タイムはあまり気にしないでライン取りとかクリップにつくことを気をつけながら走ったけど、なっとくできる走りにたどりつけず。



14時をすぎて気温や路面温度のピークがすぎるころに、"そろそろタイムを出しとかないと"とタイムアタックにでて、自己ベストを記録。


それでも納得できる走りじゃないし、一緒に走ったマイミクさんは同じカートで1秒ちかく上回るタイムをだしてたから、少なくともあと1秒は縮められるはず。



もっと丁寧にラインをとらないと、無駄な動きでタイムをロスしてるのはもったいない。


もっともっと修行せねば!
インテRを修理に出したついでに、CR-Z見てきました。


カタログでみると"ちょっと大きいかな"というイメージだったけど、実際はコンパクトなクルマでした。

キビキビとした走りができそうで、山道とかサーキットを攻めたら楽しそうな印象。
ディーラーにおいてあったのはナンバー無しだったので、ディーラーの方もまだどんな走りをするのか分からないとか。


インテリアは、カタログのとおりの印象。
ただ、リヤシートは足入れるスペースがまったくないくらい前のシートにくっついてて、人は座れない。
あれは、倒して広い荷物スペースにするのが正解です。


トランクルームは、モータ用のバッテリがあるせいで底が浅いけど広さはあるので、荷物はたくさん積めそう。
リヤシートを倒してしまえば、スキーだってスノボだって大丈夫な感じ。
ここは、インテRとおんなじ。



S2000が無くなって4ドアサイズ以上のクルマばかりだったけど、ようやく6MT/3ドアな楽しいクルマが出てきてこれからのHondaが楽し み。

2010年2月21日日曜日

F1タイヤ用マジックインキ



六本木PITSTOP CAFEで開催された川井ちゃんおしゃべり会で、F1のソフト側のタイヤをペイントするためのマジックインキをゲットしました。

白と緑のセットで、白は2008年まで使われてたもの、緑は2009年から使用されてるものです。

白は市販品で文具店で買えます。
緑はブリヂストン向け特注品で、市販されてない貴重品。


今回のイベントのために100セット用意したそうで、1セット1,500円でした。

3セット購入して、2セットは自分用。1セットはovertakeにプレゼントしました。
お店に飾ってあると思うので、興味ある方は見に行って見てください。


そして、さっそくインテRのタイヤにペイントしました。
タイヤにペン先の短辺と同じ10mmのラインがあったからそこに塗ったら、いい感じに仕上がりました。


さすが識別用として使われてるだけあって目立ちます。



このイベントでは、ブリジストンにマジックインキを売り込んだ方(マジックインキのtwitterの中のひと)ともお会いできて収穫の多い一日でした。

2010年2月19日金曜日

琢磨、INDY参戦決定!!

18日、記者会見が開かれてKV Racingからの参戦が正式発表されました。



長かった。
本人もこの1年半はすごく長かったとおもうけど、待ってたファンにとっても長かった。
F1復帰がかなわなかったのは残念だけど、INDYという新しい舞台できっと大きな活躍を魅せてくれるはず。

そして、その戦いを生でみたい。
9月17,18,19日にもてぎで開催されるINDY JAPAN 300miles。
現地観戦必須です。
2006年に観にいったことがあるけど、オーバルを駆け抜ける迫力はぜひ生で見なきゃ。



チケット販売開始は5月29日。
例年TRMC-S会員向け特典の案内がきてたから、今年もきっとなにかあるはず。

サーキットライセンス持っててよかった。





もてぎ以外の観戦もぬかりなく。
全戦生中継される、CSスカパーのCh.302 GAORA SPORTSをさっそく契約。
Ch.704 フジテレビNEXTとあわせてF1もINDYも全戦チェックできる。


さー、あとはINDYのレギュレーションやチーム、ドライバーの予習をしよう。

2010年2月18日木曜日

twitterで楽しむF1

F1に関連するtwitterアカウントを集めてみました。
これ以外にももっとたくさんのチーム、ドライバー、ニュースサイトがつぶやいていると思うけど、主立ったモノを並べてみます。

2010年シーズンは、twitterのつぶやきをながめながらF1を楽しんでみてはいかがでしょう?

F1チーム
Renault F1 Team(@rf1paddockpass)
Team McLaren(@McLaren_eShop)
Team McLaren(@TheFifthDriver)
Lotus Racing(@MyLotusRacing)
Claire Williams(@ClaireVWilliams)
Virginracing(@virginf1racing)
Scuderia Ferrari(@InsideFerrari)
RedBull Racing(@RedBullRacing)
BMW SauberF1 Team(@BMWSauberF1Team)
Force India F1 Team(@clubforce)


Indyチーム
KV Racing Technology(@kvracing)(佐藤琢磨 所属)
Jimmy Vasser(@jimmyvasser)(KV Racing 共同オーナー)

ドライバー
Heikki Kovalainen(@H_Kovalainen)
Nico Hulkenberg(@NicoHulkenberg)
Kimi Raikkonen(@Kimi_Raikkonen)
Sebastian Vettel(@f1_vettel)
Rubens Barrichello(@rubarrichello)
Jenson Button(@The_Real_JB)
Nick Heidfeld(@NickHeidfeld)
Bruno Senna(@BSenna)
Nelson Piquet(@NelsonPiquet)
Juan Pablo Montoy(@jpmontoya)


F1に関わりのある人・店・サイト
Emma Buxton(@EmBuxton)(広報コンサルタント、B.A.RやSAF1時代のチーム広報担当)
けんさわ(@kensawa55)
F1 PIT STOP CAFE(@F1PITSTOPCAFE)(六本木のカフェ)
秋田 史(@akichan0616)(鈴木亜久里氏のエー・カンパニー代表)
Hiroshi Tarui(@Tarui)(墨のF1でおなじみ)
F1-Gate.com(@F1Gate)(ニュースサイト)
BBC 5Live F1 Team(@5LiveF1)(ニュースサイト)
BBC Sport - F1(@bbcf1)(ニュースサイト)

2010年2月16日火曜日

今日のインテR

駐車場でぶつけられた(ノД`)



となりに止めてる車が犯人。
今日連絡あって、「連絡先をワイパーに挟んでたけど連絡ないから、管理人から聞きました」だそうです。週末にやったぽい。


「雨の中、大丈夫だと思ったらぶつけてしまいました」だって。

となりの車、初めてみた車だから最近契約したんだろうか。
それにしても、このぶつけかたはひどい。
こすったんじゃなくて、完全にぶつけてるし。


修理費は相手の保険ででるけど、フロントバンパー交換だけで済むかな。
フェンダーもちょっと曲がってる気もするし、フレームまで曲がってればオオゴト。

18日に保険会社から連絡来る予定だから、週末にディーラーに相談にいくとして修理が終わるのは早くても月末?




でも、24日に新東京にカート走りに行くんだけど・・・。
せっかく休みとって行くのに、こんなフロントバンパーなんて。




左側面の傷を直したばかりなのに、ついてなさすぎ。

修理すれば、買ったときからついてたフロントバンパーの傷も、自分で修復したときにできた塗りムラも、自損の傷もなくなって新車並みに傷なしになるから、ちょっとは良い方向に向いてるって前向きに考えよう。








それにしても、インテRにとって厄年かもしれないからお祓いしてもらいたい気分。

琢磨、18日に今季体制発表

いよいよ、公式発表の日がきましたよ!
場を設けるってことは、「ことしはなにもありません」ってことは無いよね。


狙っていたロータスのシートが獲得できず、ウワサされてたルノーのシートは本人サイドからのコメントはなし。

11日更新の公式サイトには、「アメリカに行ってきます」のコメント。
もう、Indyで決まりでしょう。


14日には「Indyのシートも危うし」なんてニュースも流れたけど、この2枚の写真を見る限り大丈夫でしょう。

http://twitpic.com/12og19
http://www.facebook.com/photo.php?pid=146501&o=all&op=1&view=all&subj=63500891429&aid=-1&id=100000295071046


18日の会見、みたい。みたいけど、一般は入れないよなぁ。
タイミングよく終日外出予定なのに。

2010年2月14日日曜日

斑尾スキー、二日目。


二日目は、快晴。
何本か滑ったあとは暑かったぁ。


一日目に滑ったアイスバーンがあるコースは、太ももをめいっぱい使って踏ん張らないとターンができないくらい体力を使うから、ちょっと長い初球 コースで4本くらいすべって足馴らしから開始しました。

そのあと、中級者コースに再挑戦。
アイスバーンは減ってたけどそれでも、あちこちカチコチ。

中級者コースって絶壁に感じるほど急斜面だけど、隣にあった上級者コースはさらに絶壁。
そこにモーグル用のこぶがあるだけど、ただでさえ絶壁なのにさらにこぶなんて、ありえない。
モーグル選手はさらにエアまでやるんだから、尋常じゃないよなぁ。



休憩を挟んで、今度は初級者向けのロングコースへ。
中級者コースで太ももぱんぱんになるよりは、長い初級コースを何本も滑った方が面白いから、そこを繰り返しすべって12時に終了。




気持ちよく疲れて帰ってきました。

こちらは、 中級者・上級者コースがあるところから撮影した絶景。
奥に見えているのは日本海かな。

晴れてて気持ち良かったです。

斑尾スキー、一日目。



一日目は良い感じに吹雪いてて、雪質も良好でした。


上の方はアイスバーンになってて、「上級者以外の方はご遠慮ください」ってアナウンスが繰り返し流れてたけど、思い切って挑戦してきました。
コース自体は、中級者向け。僕は初級者の上ってところかな。


斜面は急だし、アイスバーンの上に薄く積もっててどこが凍っているのかが分からないから、不意にアイスバーンの上に乗った瞬間はコントロールでき ずに冷や冷や。

先月も滑ったところだけど、ふわふわの時とは全然感触が違って苦戦しました。



先月の時は転びながら滑り降りたけど、今回は一回も転ばず。
ちょっとは進歩できたかも。



こちらは、お昼にたべたBIGバーガー。\1,200
でかすぎてかぶりつけなくて、フォークで崩しながら完食。
これ一個でおなかいっぱいでした。

2010年2月13日土曜日

琢磨、アメリカへ。

先日のTwitter情報通り、琢磨がアメリカへ。


琢磨公式サイトのTAKUMA'S DIARYが更新されてて、9日付で
「皆さんに伝えたいことはたくさんあるけど、正式なコメントは今は控えています。 ごめんなさい。」
「これからアメリカに出発します。」



いよいよIndyか。
正式発表されたら、スカパーの"Ch.302 GAORA"を追加契約するぞ!

2010年2月11日木曜日

スキーブーツ買った。

スキーブーツ買った。
週末は今年2回目のスキー。

1泊2日で、斑尾に良く予定です。
このままの天気だと、週末はしっかり降ってくれそう。


カレンダー通りの休みで遊びにいくけど、そろそろ有給消化しないと。
30日残ってるから、3月末までに消化しきれないで終わっちゃう。
いろんなところから情報拾い集めてます。


F1開幕まであと1ヶ月そして、Indyも同日開幕。
もうリミットが近づいてる。




ひとつめ。
すでに2010年の契約済みといわれているKVRacingのFacebookページより。
http://www.facebook.com/KVRacingTechnology#!/KVRacingTechnology?v=wall

"A website in Portuguese is reporting Moraes and ex-F1 driver Takuma Sato for 2010, and potentially cars for EJ Viso and Nelson Merlo. Anything you can tell us? :)"

"Unfortunately we cannot confirm anything, sorry"

"ポルトガル語の記事(おそらくブラジルのニュースサイトのこと)に2010年のドライバーに佐藤琢磨の名前が上がっているが、なにか発表できることはあるか?" の質問に、"残念ながら答えることはできない"とKV Racingからの回答。



ふたつめ。
ベネズエラのIndy関連のジャーナリストのtwitter発言。
http://twitter.com/JETracing/status/8889212565

"Now I can confirm you the info about Sato, a Japanese journalist told me that he arrives to Indy this wednesday!"

"日本のジャーナリストが、水曜日に琢磨がIndyに来た(契約した?)って言ってたよ"

インディのテストスケジュールがわからないけど、もうすでにアメリカ?にいるってこと?
arrives ってどう解釈すればいいんだろう。
日本のジャーナリストって誰?

2010年2月9日火曜日

琢磨の名前が出た!

ペトロフの資金問題
http://tazio.uol.com.br/f-1/textos/16346/

ブラジルのメディアによると、
"もし、持参金を支払うことができない場合、代わりとして佐藤琢磨の名前が上がっているとロシアのメディアが報じている"


ペトロフの地元ロシアで、琢磨の名前が報じられてるってことは可能性が高まった?

2010年2月8日月曜日

琢磨、ルノーF1の可能性もあり?

"ペトロフ、ルノーのシートは100%確実ではない。"
http://willthef1journo.wordpress.com/2010/02/08/petrov%E2%80%99s-renault-seat-is-not-100-secure/

"ペトロフはルノーのシートを失うかもしれない。そうなればクリスチャン クリエンにとって良いニュースとなるだろう"
http://jdborg.com/?p=202


どうやら、持参金1500万ユーロの用意が厳しい様子。
2月と7月の2回に分けてルノーに支払う予定になってたものの、1回目の750万ユーロの銀行融資が受けられてないらしい。
しかも、3月1日までに融資が間に合わなかったらF1のシートを失い、他のドライバーが契約する可能性を認めてる。


これって、まだ琢磨にルノーのシートの可能性が残されてるってことだよね!?
英語版WikipediaのTakuma Satoのページに、2月6日にKV Racing Technologyとの契約にサインしたってかいてあるけど、F1に戻るオプションは用意されてないのかな。

http://en.wikipedia.org/wiki/Takuma_Sato#Future
February 6, 2010 it was reported that Sato signed a contract with KV Racing Technology to drive in the IZOD IndyCar Series for the 2010 season.


まだF1に復帰できる可能性があるなら、ぎりぎりまでばんばって欲しい。
がんばれ、琢磨!

2010年2月7日日曜日

公式サイトにも日本のメディアにも情報なし。

だけど、英語版のWikipediaの"2010 IndyCar Series season"のページには、 KV Racing Technologyというチームでカーナンバー8のところに Takuma Sato の名前が!!

2010 IndyCar Series season
http://en.wikipedia.org/wiki/2010_IndyCar_Series_season


KV Racing Technologyのサイトを見てみたけど、チームロゴと"Site under construction"の一行のみで情報なし。

KV Racing Technology
http://kvracingtechnology.homestead.com/


唯一のソースは、ブラジルのニュースサイト。
http://esporte.ig.com.br/grandepremio/formulaindy/2010/02/06/de+volta+do+limbo+sato+disputa+temporada+2010+da+indy+pela+kv+9389465.html

機械翻訳してみたら、"契約書にサインした"って。

真相はいかに??

2010年2月6日土曜日

年末に発注したヘルメットがキタ━(゚∀゚)━!



オリジナルデザイン!


琢磨とおなじカラーリング!


フェイスマスクつけて被ってみたら、サイズぴったり!



さっそく、明日の草レースから使います。

2010年1月9日土曜日

滑って転んで

一日目おわり。
楽しかった


カートでサーキット走る方が速いのに、スキーのスピードがコワイ。


程よく疲れたところで、これからごはん(宴会?)


ゆっくり休んで、明日も滑ります

2010年1月4日月曜日

復路の顛末 21時間半の旅

箱根駅伝の復路をラジオで聴きつつのんびりとスタートした福岡→東京の復路は、予定を5時間も超えた21時間半後にゴールを迎えました。


その顛末は、こんな感じ。




1月3日 午前9時半
マイミクを助手席に乗せて出発。


九州自動車道は空いていて、ポカポカ陽気も手伝って気持ちよくスタート。
布刈(めかり)PAで休憩したあと、「さらば!九州!」と関門海峡を渡って本州へ。



快調に飛ばして美祢付近のワインディングロードを楽しもうと思ったら、電光掲示板には事故渋滞の文字が・・・。
そして、カーナビには進路を真っ赤に染める渋滞を示すVICS情報。




「なんでこんな時期に事故るかなぁ」とブツブツ文句を言いつつ、ノロノロと進むこと数十分。
ようやく差し掛かった事故現場。




そこに見えたのは、なんと・・・





クラッシュした、ランボルギーニ・カウンタックとポルシェ。





一見するとたいしたことはなさそうに見えるポルシェと、フロント部分が大破したランボルギーニ。
そして、たたずむドライバーらしき男性。


バトルの成れの果てなのか、無残な姿のランボルギーニに合掌。





13時
ようやく渋滞を脱出して、ちょうどお昼のいい時間。
宮島SAに立ち寄って、焼牡蠣をペロリ。

その場で焼いてるから、美味い!



お腹が満足したところで、出発・・・のはずが、今度は福山で事故渋滞(泣



16時半
岡山で降ろす予定だったマイミクは、"このままだと予定に間に合わないかも"ということで、福山で降ろすことに。
出発からすでに7時間。予定なら神戸あたりを走っているはずなのに、まだ福山。




17時
福山東ICで降りて福山駅で別れたあと、再び山陽道へ。
3つ先の玉島ICまで渋滞がつづいているらしいので、下道を通って玉島ICまで行くことに。




18時
岡山に到達。
日が暮れた暗い道を走ってるうちに寂しくなって予定より手前の鴨方ICから山陽道へ。
"もしかしたら渋滞が解消されてるかも"の淡い期待は見事に打ち砕かれて、渋滞のど真ん中に突入・・・。





19時半
スタートから10時間。ようやく吉備SA。
予定では京都あたりを走ってるはずなのに、渋滞がつづいていつまでたっても岡山から抜けられず。






そして、ここで重大な決断ポイント。
ガソリン満タンでスタートしたものの、渋滞で燃費は最悪。
残り10L前後で行けるところまで行って給油する1ストップ作戦をとるか、愛用のENEOSがあるここで給油して走り続けて神奈川あたりでもう一 度給油する2ストップ作戦をとるか。




過去に1ストップ作戦でをとって渋滞のど真ん中でガス欠寸前になった苦い経験があったので、ココは安全策をとって2ストップ作戦を選択。





渋滞のなか、止まる回数をできるだけ少なくするために安全にロングランできる2ストップ作戦で、ふたたび戦いの場へ(笑






24時。
スタートから14時間半。予定では、そろそろ東京ICが近づいているころ。
神戸、西宮、吹田で大渋滞が続くなか、前へ前へとアクセルを踏み込んで意地の走行でなんとか草津に到着。





ここで、ふたたび決断ポイント。
新名神→伊勢湾岸→東名と進むと、間違いなく地獄の大渋滞。
往路と同じ名神→中央道なら、ちょっと遠いけど渋滞は少ない。




SAで渋滞情報を確認して、中央道を通るルートを選択。
ここから先はスムーズに抜けられるとはず。
眠眠打破で眠気を飛ばしながら走ってると、ラジオから「八日市-彦根間で雪」の情報が。

そういう情報は先に教えて(泣



夏タイヤで、しかもチェーンももたず吹雪に突入~


そして、関ヶ原。


トンネルを抜けるとそこは、





雪だった・・・。





路面は湿ってるだけ。でも、路肩はしっかり雪が積もってる。
凍結が怖くて、アクセル踏めない(涙目






午前2時。
雪に動揺したせいか、小牧JCTで中央道に向かう分岐を逃して東名へ一直線。
疲れきってるから、いちど降りて中央道に向かう気力もなく、そのまま東名へ突入することに。





断続的な渋滞と、疲れと眠気で完全にペースダウン。
ナビの到着予定時刻が、午前4時、5時、6時とどんどん遅くなるのを見つつ、すこしでもロスをなくすために1時間ごとにPAに入って10分仮眠を 繰り返しながら、気力の走りでなんとか神奈川県に到達。






午前5時。
足柄SAで2回目の給油。


帰宅してそのまま休めるなら急ぐ必要はないけど、仕事始めで9時出社なので7時までに家に着かないと、会社に間に合わない。




渋滞を恨みながら、走って走って、ようやく東京IC出口に到着。



午前6時
残りは走り慣れた家までの一般道。
これなら、帰って1時間は寝れると思ったところにナビから無常の知らせが。


「この先、渋滞があります」



もう、好きにして(泣






午前6時半
ついに自宅前の駐車場に到着。
ブロック塀に挟まれた狭い坂道を登って車を停めればゴール。




半分以上眠った頭で、壁にぶつけないように気をつけながら半クラでゆっくり坂道を登ろうとするものの、クラッチを踏む足に力が入らずに震えるばか りで2回もエンスト。



半クラが踏めないので、教習所時代にやったサイドブレーキを引く坂道発進の方法でなんとか登ってようやくゴール。





実家と途中で別れたマイミクに到着のメールを送って、布団に沈没・・・できるわけもなく30分仮眠したあと、シャワーで体を暖めて会社へ。






まさかこんなに渋滞するとは思わなかった。
1,000円じゃなくていいから、快適に走れる高速道路を整備して欲しい。
四日市とか吹田とか渋滞するってわかってるところは、なんとかできないもんなのかな。



あと、みんな高速道路でブレーキ使いすぎ。
エンジンブレーキで済むところで、ぽんぽんブレーキ踏むから後ろが詰まるんだよ。



ほかにも、前が空いてるのに追越車線を走行車線の車と同じ速度で並走するとか、追越車線を100km/hキープで走り続けるなんてありえない。
両車線とも渋滞してたら仕方ないけど、そうじゃない場合は"追い越し"車線なんだから追い越したら走行車線に移るべき。

「追越車線は追越しの時のみ使用する」っていう決まりがあるんだから、追越車線を走り続けたら本来なら通行帯違反なんだが。





何にしてもつかれはてた。