2015年1月14日水曜日

フローリングの補修

重い物を落としたり引きずったりして凹んだフローリングを補修してみました。
Googleで検索すると、方法がいろいろ出てくるので、それを参考にしてみました。

用意するもの
  • 霧吹き
  • 画鋲
  • アイロン
  • 当て布
注意
  • アイロンを使うので、やけどに注意しましょう。
  • 熱でフローリングが痛んだり焦げたりしても自己責任です。少しずつ様子を見ながら試しましょう。
  • 割れたりかけたりした箇所はこの方法では修復出来ません。

補修する箇所。重い物を引きずって凹んでます。
凹んだ箇所に霧吹きで水をかけます。
凹んだ箇所に画鋲で小さな穴をあけて、水をしみこませます。

数分待って、当て布をしながらアイロンをあてます。

また霧吹きをして、水をしみこませて、アイロンあてを数回繰り返すと、凹んだ箇所が徐々に戻ってきます。
最初にくらべて目立たなくなりました。
特別な道具も費用もかけずに手軽に修復できました。ワックスが剥がれたり色むらが気になる場合は、ホームセンターなどで売っている専用の補修キットを使いましょう。